2005.09.07

米Amgen社、エリスロポエチンの心不全への効果を調べるフェーズ3試験を開始へ

 米Amgen社は9月2日、赤血球を増殖させる作用を持つエリスロポエチン(EPO)の第2世代製剤「darbepoetin」について、心不全患者の死亡率、罹病率への貧血治療効果の影響を調べる、多国間ニ重盲検フェーズ3臨床試験を開始すると発表した。
 
 実施される試験の上級委員会で共同議長を務める米Cleveland Clinic財団のJames Young氏は、「多くの疫学的な研究から、ヘモグロビンの低値が入院期間や死亡率の増加と関連していることが示されている」と、darbepoetin の投与でヘモグロビン値の向上を目指す試験の実施理由を説明した。

 試験が成功すれば、全く新しい心不全の治療方法となる。Amgen社は疫学的な調査結果に加え、心不全患者の貧血治療を対象にした予備的な臨床試験で、有望な結果が得られているとしている。

 なお、darbepoetinのわが国における権利はキリンビールが保有しているが、心不全を対象にした開発の計画は、今のところないという。

 darbepoetin は、165個のアミノ酸で構成されるEPO誘導体で、作用機構はEPOと同じく、EPO受容体に結合し赤血球の増殖と分化を誘導する。天然型EPOに比べ、N結合糖鎖を2本余分に結合させ、チャイニーズハムスター卵巣細胞(CHO細胞)を宿主に製造している。糖鎖が増えた結果、体内で代謝される速度が低下、静脈注射もしくは皮下注射した場合の血中半減期が、EPOよりも3倍延長、EPOに比べて投与頻度を少なくできる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正