2005.09.07

米Amgen社、エリスロポエチンの心不全への効果を調べるフェーズ3試験を開始へ

 米Amgen社は9月2日、赤血球を増殖させる作用を持つエリスロポエチン(EPO)の第2世代製剤「darbepoetin」について、心不全患者の死亡率、罹病率への貧血治療効果の影響を調べる、多国間ニ重盲検フェーズ3臨床試験を開始すると発表した。
 
 実施される試験の上級委員会で共同議長を務める米Cleveland Clinic財団のJames Young氏は、「多くの疫学的な研究から、ヘモグロビンの低値が入院期間や死亡率の増加と関連していることが示されている」と、darbepoetin の投与でヘモグロビン値の向上を目指す試験の実施理由を説明した。

 試験が成功すれば、全く新しい心不全の治療方法となる。Amgen社は疫学的な調査結果に加え、心不全患者の貧血治療を対象にした予備的な臨床試験で、有望な結果が得られているとしている。

 なお、darbepoetinのわが国における権利はキリンビールが保有しているが、心不全を対象にした開発の計画は、今のところないという。

 darbepoetin は、165個のアミノ酸で構成されるEPO誘導体で、作用機構はEPOと同じく、EPO受容体に結合し赤血球の増殖と分化を誘導する。天然型EPOに比べ、N結合糖鎖を2本余分に結合させ、チャイニーズハムスター卵巣細胞(CHO細胞)を宿主に製造している。糖鎖が増えた結果、体内で代謝される速度が低下、静脈注射もしくは皮下注射した場合の血中半減期が、EPOよりも3倍延長、EPOに比べて投与頻度を少なくできる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13