2005.09.06

作物研と大和紡績、花粉やハウスダストなどを吸着する線維を開発 

 農業・生物系特定産業技術研究機構(NARO、本部:茨城県つくば市)の作物研究所と大和紡績(本社:大阪市中央区)は9月5日、アレルゲンの新規簡易分析法を開発したと発表した。併せて、この分析法を用いてフタロシアニンという色素で染色した繊維が、花粉やハウスダスト、食物アレルゲンなど、多種のアレルゲンを吸着可能であることを確認した。

 吸着されるアレルゲンの量は繊維100g当たり2g。吸着後、界面活性剤で容易にはずせるので、洗濯すれば除去できる。フタロシアニンは、たんぱく質の構造(大きさ、ジスルフィド結合)には影響を与えないことから、フタロシアニンで染色した繊維は、人体への安全性も高いという。今後はアレルゲンに対する作用を詳細に解析し、アレルゲン低減化製品としての応用範囲を広げていく予定だ。

 NARO作物研究所は、作物アレルゲンの検出や低減化のための技術開発を行っており、最近では、花粉症などの作物以外のアレルゲンに起因するアレルギー関連疾患に関しても研究を行っている。今回開発したアレルゲンの簡易分析手法は、繊維からアレルゲン(たんぱく質)を抽出し、電気泳動で分離・染色後、比色定量するというもの。

 一方、大和紡績はフタロシアニンの消臭効果を発見し、消臭繊維としての製品開発を行っている。今回、NARO作物研究所と大和紡績は共同で、フタロシアニン染色繊維のアレルゲンに対する作用に関して研究を行った。大和紡績では既に、同社の製品にフタロシアニンを含む繊維を使用している。

 フタロシアニンは青色の色素で、ヘモグロビンやクロロフィルの骨格を成すポルフィリンに似た構造を持つ。塗料として用いられるほか、光ディスク用記録媒体、ディスプレイ用カラーフィルター、複写機の有機半導体などに幅広く応用されている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0