2005.09.06

作物研と大和紡績、花粉やハウスダストなどを吸着する線維を開発 

 農業・生物系特定産業技術研究機構(NARO、本部:茨城県つくば市)の作物研究所と大和紡績(本社:大阪市中央区)は9月5日、アレルゲンの新規簡易分析法を開発したと発表した。併せて、この分析法を用いてフタロシアニンという色素で染色した繊維が、花粉やハウスダスト、食物アレルゲンなど、多種のアレルゲンを吸着可能であることを確認した。

 吸着されるアレルゲンの量は繊維100g当たり2g。吸着後、界面活性剤で容易にはずせるので、洗濯すれば除去できる。フタロシアニンは、たんぱく質の構造(大きさ、ジスルフィド結合)には影響を与えないことから、フタロシアニンで染色した繊維は、人体への安全性も高いという。今後はアレルゲンに対する作用を詳細に解析し、アレルゲン低減化製品としての応用範囲を広げていく予定だ。

 NARO作物研究所は、作物アレルゲンの検出や低減化のための技術開発を行っており、最近では、花粉症などの作物以外のアレルゲンに起因するアレルギー関連疾患に関しても研究を行っている。今回開発したアレルゲンの簡易分析手法は、繊維からアレルゲン(たんぱく質)を抽出し、電気泳動で分離・染色後、比色定量するというもの。

 一方、大和紡績はフタロシアニンの消臭効果を発見し、消臭繊維としての製品開発を行っている。今回、NARO作物研究所と大和紡績は共同で、フタロシアニン染色繊維のアレルゲンに対する作用に関して研究を行った。大和紡績では既に、同社の製品にフタロシアニンを含む繊維を使用している。

 フタロシアニンは青色の色素で、ヘモグロビンやクロロフィルの骨格を成すポルフィリンに似た構造を持つ。塗料として用いられるほか、光ディスク用記録媒体、ディスプレイ用カラーフィルター、複写機の有機半導体などに幅広く応用されている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256