2005.09.06

そーせい、Arakis社開発の関節リウマチ治療薬の後期フェーズ2臨床試験を開始 

 そーせい(本社:東京都千代田区)は9月5日、同社の完全子会社である英Arakis社(本社:英国エセックス)が開発中の関節リウマチ治療薬AD 452について、欧米での後期フェーズ2(フェーズ2b)臨床試験を開始したと発表した。

 前期フェーズ2(フェーズ2a)臨床試験は2005年4月に終了しており、1日1回の経口投与で薬物動態特性が確認され、臨床試験で用いた3用量のいずれにおいても忍容性が示された。フェーズ2bは1年をめどに終了させる計画。子会社化する前のArakis社の計画では、フェーズ2b終了後にライセンスアウトの方針であったが、現在は協議中であるという。

 今回の臨床試験は欧米において、免疫抑制剤であるメトトレキサートを投与されている活動性関節リウマチの患者に対し、多施設で無作為化二重盲験プラセボ対象試験を行い、AD 452の有効性と安全性を評価する。AD 452は関節リウマチの初期治療に使用される疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)で、マラリア治療薬の光学異性体の1つ。

 関節リウマチは、明確に原因が解明されてはいないが、なんらかの原因で免疫異常が生じて起きる自己免疫疾患の1つとされており、慢性的な関節や関節の結合組織の炎症や痛み、腫れ、発熱などが症状として現れる。これらの症状が続くと、関節の変形や軟骨破壊が進行し、日常生活に支障をきたすようになる。現在、関節リウマチの有病率は全人口の約1%で、欧米と日本を合わせると約600万人が罹患していると推定され、世界的な市場規模は約6000億円で、2008年には1兆円を超えると予測されている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176