2005.09.06

そーせい、Arakis社開発の関節リウマチ治療薬の後期フェーズ2臨床試験を開始 

 そーせい(本社:東京都千代田区)は9月5日、同社の完全子会社である英Arakis社(本社:英国エセックス)が開発中の関節リウマチ治療薬AD 452について、欧米での後期フェーズ2(フェーズ2b)臨床試験を開始したと発表した。

 前期フェーズ2(フェーズ2a)臨床試験は2005年4月に終了しており、1日1回の経口投与で薬物動態特性が確認され、臨床試験で用いた3用量のいずれにおいても忍容性が示された。フェーズ2bは1年をめどに終了させる計画。子会社化する前のArakis社の計画では、フェーズ2b終了後にライセンスアウトの方針であったが、現在は協議中であるという。

 今回の臨床試験は欧米において、免疫抑制剤であるメトトレキサートを投与されている活動性関節リウマチの患者に対し、多施設で無作為化二重盲験プラセボ対象試験を行い、AD 452の有効性と安全性を評価する。AD 452は関節リウマチの初期治療に使用される疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)で、マラリア治療薬の光学異性体の1つ。

 関節リウマチは、明確に原因が解明されてはいないが、なんらかの原因で免疫異常が生じて起きる自己免疫疾患の1つとされており、慢性的な関節や関節の結合組織の炎症や痛み、腫れ、発熱などが症状として現れる。これらの症状が続くと、関節の変形や軟骨破壊が進行し、日常生活に支障をきたすようになる。現在、関節リウマチの有病率は全人口の約1%で、欧米と日本を合わせると約600万人が罹患していると推定され、世界的な市場規模は約6000億円で、2008年には1兆円を超えると予測されている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130