2005.09.06

そーせい、Arakis社開発の関節リウマチ治療薬の後期フェーズ2臨床試験を開始 

 そーせい(本社:東京都千代田区)は9月5日、同社の完全子会社である英Arakis社(本社:英国エセックス)が開発中の関節リウマチ治療薬AD 452について、欧米での後期フェーズ2(フェーズ2b)臨床試験を開始したと発表した。

 前期フェーズ2(フェーズ2a)臨床試験は2005年4月に終了しており、1日1回の経口投与で薬物動態特性が確認され、臨床試験で用いた3用量のいずれにおいても忍容性が示された。フェーズ2bは1年をめどに終了させる計画。子会社化する前のArakis社の計画では、フェーズ2b終了後にライセンスアウトの方針であったが、現在は協議中であるという。

 今回の臨床試験は欧米において、免疫抑制剤であるメトトレキサートを投与されている活動性関節リウマチの患者に対し、多施設で無作為化二重盲験プラセボ対象試験を行い、AD 452の有効性と安全性を評価する。AD 452は関節リウマチの初期治療に使用される疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)で、マラリア治療薬の光学異性体の1つ。

 関節リウマチは、明確に原因が解明されてはいないが、なんらかの原因で免疫異常が生じて起きる自己免疫疾患の1つとされており、慢性的な関節や関節の結合組織の炎症や痛み、腫れ、発熱などが症状として現れる。これらの症状が続くと、関節の変形や軟骨破壊が進行し、日常生活に支障をきたすようになる。現在、関節リウマチの有病率は全人口の約1%で、欧米と日本を合わせると約600万人が罹患していると推定され、世界的な市場規模は約6000億円で、2008年には1兆円を超えると予測されている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266