2005.09.05

バイエルと世界心臓連合が脳・心血管系疾患予防でパートナーシップ締結

 バイエルヘルスケアは9月4日、世界心臓連合と脳・心血管系疾患(CVD)の予防を目的とした3年間のパートナーシップを締結したと発表した。

 バイエルヘルスケアは締結したパートナーシップを通して、世界心臓連合が使命としている、国や地域におけるCVD予防ガイドラインに向けた行動指針の実施を促すため、一般の人々と医療従事者に対するCVDリスクの啓発や、CVDの1次予防、2次予防を目的とした活動を支援する。

 支援活動の1つには、世界心臓連合が9月25日に開催する認知度向上と、啓発イベントである世界心臓デーの支援がある。イベントは100カ国の世界心臓連合の会員によって組織され、健康的な食事の症例や専門家による健康相談、ウォーキングやジョギングの実演など運動を症例する様々な催しが行われる。

 また、パートナーシップの一環として、同社が地域社会に焦点を当てて取り組む予防啓発プロジェクトであるCardioLabやCardioAlartなどに、世界心臓連合の会員が参加することが見込まれている。これらのプロジェクトでは、一般市民に対するCVD予防のアドバイスやリスクの無料診断が行われる。

 なお、パートナーシップ締結の発表は、ストックホルムで開催中の欧州心臓病学会で行われた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127