2005.09.05

バイエルと世界心臓連合が脳・心血管系疾患予防でパートナーシップ締結

 バイエルヘルスケアは9月4日、世界心臓連合と脳・心血管系疾患(CVD)の予防を目的とした3年間のパートナーシップを締結したと発表した。

 バイエルヘルスケアは締結したパートナーシップを通して、世界心臓連合が使命としている、国や地域におけるCVD予防ガイドラインに向けた行動指針の実施を促すため、一般の人々と医療従事者に対するCVDリスクの啓発や、CVDの1次予防、2次予防を目的とした活動を支援する。

 支援活動の1つには、世界心臓連合が9月25日に開催する認知度向上と、啓発イベントである世界心臓デーの支援がある。イベントは100カ国の世界心臓連合の会員によって組織され、健康的な食事の症例や専門家による健康相談、ウォーキングやジョギングの実演など運動を症例する様々な催しが行われる。

 また、パートナーシップの一環として、同社が地域社会に焦点を当てて取り組む予防啓発プロジェクトであるCardioLabやCardioAlartなどに、世界心臓連合の会員が参加することが見込まれている。これらのプロジェクトでは、一般市民に対するCVD予防のアドバイスやリスクの無料診断が行われる。

 なお、パートナーシップ締結の発表は、ストックホルムで開催中の欧州心臓病学会で行われた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79