2005.09.05

バイエルと世界心臓連合が脳・心血管系疾患予防でパートナーシップ締結

 バイエルヘルスケアは9月4日、世界心臓連合と脳・心血管系疾患(CVD)の予防を目的とした3年間のパートナーシップを締結したと発表した。

 バイエルヘルスケアは締結したパートナーシップを通して、世界心臓連合が使命としている、国や地域におけるCVD予防ガイドラインに向けた行動指針の実施を促すため、一般の人々と医療従事者に対するCVDリスクの啓発や、CVDの1次予防、2次予防を目的とした活動を支援する。

 支援活動の1つには、世界心臓連合が9月25日に開催する認知度向上と、啓発イベントである世界心臓デーの支援がある。イベントは100カ国の世界心臓連合の会員によって組織され、健康的な食事の症例や専門家による健康相談、ウォーキングやジョギングの実演など運動を症例する様々な催しが行われる。

 また、パートナーシップの一環として、同社が地域社会に焦点を当てて取り組む予防啓発プロジェクトであるCardioLabやCardioAlartなどに、世界心臓連合の会員が参加することが見込まれている。これらのプロジェクトでは、一般市民に対するCVD予防のアドバイスやリスクの無料診断が行われる。

 なお、パートナーシップ締結の発表は、ストックホルムで開催中の欧州心臓病学会で行われた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:77
  3. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:78
  4. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  5. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:27
  6. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:45
  7. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:33
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:103
  9. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:52
  10. ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《プロローグ》 FBシェア数:190
医師と医学研究者におすすめの英文校正