2005.09.05

米国で虫歯の有病率が減少、虫歯予防シーラントの実施率増加などが背景か

 米国では10年前に比べ、虫歯の有病率が減少し、一方で虫歯予防のシーラント実施率が増加したことがわかった。特に16〜19歳では、虫歯の有病率が、約10年間で78.11%から67.89%へと10.22ポイント下がった。また6〜19歳のシーラント実施率は、同期間に19.61%から32.24%へ増加し、およそ3人に1人が実施している格好となった。また、すべての永久歯を失う、いわゆる総入れ歯の状態になる人の割合は、喫煙者が、喫煙歴のない人のおよそ3倍に上ることもわかった。米国疾病対策センター(CDC)が、1988〜1994年の調査と1999〜2002年の調査結果を比較して明らかにしたもの。

 それによると、6〜19歳の虫歯有病率は、前回の49.33%から7.37ポイント減少し、41.96%となった。また、20歳以上ですべての永久歯を失った人の割合は、前回の10.76%から3.11ポイント減少し、7.65%となった。また、すべての永久歯を失うリスクは喫煙者に多く、現在喫煙している人の同割合は今回の調査で14.41%だったのに対し、喫煙歴のない人では4.53%に留まった。

 詳しくは、CDCのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55