2005.09.05

米国で虫歯の有病率が減少、虫歯予防シーラントの実施率増加などが背景か

 米国では10年前に比べ、虫歯の有病率が減少し、一方で虫歯予防のシーラント実施率が増加したことがわかった。特に16〜19歳では、虫歯の有病率が、約10年間で78.11%から67.89%へと10.22ポイント下がった。また6〜19歳のシーラント実施率は、同期間に19.61%から32.24%へ増加し、およそ3人に1人が実施している格好となった。また、すべての永久歯を失う、いわゆる総入れ歯の状態になる人の割合は、喫煙者が、喫煙歴のない人のおよそ3倍に上ることもわかった。米国疾病対策センター(CDC)が、1988〜1994年の調査と1999〜2002年の調査結果を比較して明らかにしたもの。

 それによると、6〜19歳の虫歯有病率は、前回の49.33%から7.37ポイント減少し、41.96%となった。また、20歳以上ですべての永久歯を失った人の割合は、前回の10.76%から3.11ポイント減少し、7.65%となった。また、すべての永久歯を失うリスクは喫煙者に多く、現在喫煙している人の同割合は今回の調査で14.41%だったのに対し、喫煙歴のない人では4.53%に留まった。

 詳しくは、CDCのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130