2005.09.05

米国で虫歯の有病率が減少、虫歯予防シーラントの実施率増加などが背景か

 米国では10年前に比べ、虫歯の有病率が減少し、一方で虫歯予防のシーラント実施率が増加したことがわかった。特に16〜19歳では、虫歯の有病率が、約10年間で78.11%から67.89%へと10.22ポイント下がった。また6〜19歳のシーラント実施率は、同期間に19.61%から32.24%へ増加し、およそ3人に1人が実施している格好となった。また、すべての永久歯を失う、いわゆる総入れ歯の状態になる人の割合は、喫煙者が、喫煙歴のない人のおよそ3倍に上ることもわかった。米国疾病対策センター(CDC)が、1988〜1994年の調査と1999〜2002年の調査結果を比較して明らかにしたもの。

 それによると、6〜19歳の虫歯有病率は、前回の49.33%から7.37ポイント減少し、41.96%となった。また、20歳以上ですべての永久歯を失った人の割合は、前回の10.76%から3.11ポイント減少し、7.65%となった。また、すべての永久歯を失うリスクは喫煙者に多く、現在喫煙している人の同割合は今回の調査で14.41%だったのに対し、喫煙歴のない人では4.53%に留まった。

 詳しくは、CDCのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正