2005.09.05

米国で虫歯の有病率が減少、虫歯予防シーラントの実施率増加などが背景か

 米国では10年前に比べ、虫歯の有病率が減少し、一方で虫歯予防のシーラント実施率が増加したことがわかった。特に16〜19歳では、虫歯の有病率が、約10年間で78.11%から67.89%へと10.22ポイント下がった。また6〜19歳のシーラント実施率は、同期間に19.61%から32.24%へ増加し、およそ3人に1人が実施している格好となった。また、すべての永久歯を失う、いわゆる総入れ歯の状態になる人の割合は、喫煙者が、喫煙歴のない人のおよそ3倍に上ることもわかった。米国疾病対策センター(CDC)が、1988〜1994年の調査と1999〜2002年の調査結果を比較して明らかにしたもの。

 それによると、6〜19歳の虫歯有病率は、前回の49.33%から7.37ポイント減少し、41.96%となった。また、20歳以上ですべての永久歯を失った人の割合は、前回の10.76%から3.11ポイント減少し、7.65%となった。また、すべての永久歯を失うリスクは喫煙者に多く、現在喫煙している人の同割合は今回の調査で14.41%だったのに対し、喫煙歴のない人では4.53%に留まった。

 詳しくは、CDCのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79