2005.09.02

高校で昼寝タイム導入したら‥‥ 1日15分で、やる気出て成績上がった!?

 睡眠時間が少なく、昼間に眠気を感じる高校生が多いという。そこで、福岡県の明善高校が1日15分の昼寝タイム設け、2005年6月1日〜7月10日の約1カ月半試みた。すると、昼寝タイムに昼寝をした生徒は、勉強にやる気が出て、成績も向上したと答えた人が多かったことがわかった。

 今回の試みは、久留米大学医学部精神神経科学教室助教授の内村直尚氏の指導の下に実施された。昼休みの一部に15分間の昼寝タイムを設け、モーツァルトの音楽を流した。生徒は教室や昼寝用に確保した部屋で、横にはならず、机の上に突っ伏すように寝た。

 週1日以上昼寝タイムに昼寝をしたのは208人、昼寝タイムに寝ないで午後の休憩時間に昼寝をしてしまったのは149人、昼寝をしなかったのは595人だった。

 終了後、アンケート調査をしたところ、昼寝タイムに週1日以上昼寝をした生徒は、それ以外の生徒に比べ、午前も午後も「頭がすっきりしている」との答えが多く、昼間の眠気が抑えられたことがわかった。

 また、「授業に集中できているか」「勉強にやる気があるか」「最近の成績は向上しているか」といった項目でも、「はい」と答えた人が多く、授業や学習にも良い影響があったと分析している。

 なお、昼寝タイムに昼寝をした人は、就寝時刻や起床時刻が一定だったが、昼寝タイム以外に昼寝をしてしまった人は、生活のリズムが不規則で、睡眠の質が悪かったという。

 内村氏は今後、この試みをさらに長期間にわたって実施し、昼寝の効果をはっきりさせたいとしている。(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14