2005.09.02

【患者さんのための情報サイト「がんナビ」から】 セカンドオピニオン 最適な医師・治療選びに活用を

セカンドオピニオンは、どうやって、誰に受けたらよいのでしょうか。早くからセカンドオピニオンを広め、受け皿にもなってきたキャンサーネット・ジャパン代表の南雲さんに、上手に受けるコツをアドバイスしてもらいました。

キャンサーネット・ジャパン代表、ナグモクリニック東京・大阪・福岡総院長
南雲吉則さん
南雲 吉則さん顔写真

 セカンドオピニオンというのは、患者さん本人が、自分で治療法や治療医を選ぶために、主治医とは別の医師の意見を聞くことです。セカンドオピニオンを受けることで、より多くの情報が得られ、自分に最も合った治療法と治療医を選ぶことができます。

 受けるとき特に気をつけてほしいポイントは3点あります。まずは主治医に、自分の病名、進行度と治療方針の説明をしっかりと聞くことです。自分の病状や進行度、主治医の治療方針などを把握しないままセカンドオピニオンを受けてもあまり意味がないので、今かかっている医師の“ファーストオピニオン”はしっかり聞きましょう。

 2つ目は、セカンドオピニオンには、主治医の紹介状と病理検査結果、がんの診断と治療方針の決め手になった画像診断のフィルムの現物を持参することです。何か欠けていると、同じ検査を再度受けることになり、時間と医療費が無駄になります。<<続く>>

全文はこちらでお読みいただけます。

がんナビのトップページはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256