2005.09.02

【患者さんのための情報サイト「がんナビ」から】 セカンドオピニオン 最適な医師・治療選びに活用を

セカンドオピニオンは、どうやって、誰に受けたらよいのでしょうか。早くからセカンドオピニオンを広め、受け皿にもなってきたキャンサーネット・ジャパン代表の南雲さんに、上手に受けるコツをアドバイスしてもらいました。

キャンサーネット・ジャパン代表、ナグモクリニック東京・大阪・福岡総院長
南雲吉則さん
南雲 吉則さん顔写真

 セカンドオピニオンというのは、患者さん本人が、自分で治療法や治療医を選ぶために、主治医とは別の医師の意見を聞くことです。セカンドオピニオンを受けることで、より多くの情報が得られ、自分に最も合った治療法と治療医を選ぶことができます。

 受けるとき特に気をつけてほしいポイントは3点あります。まずは主治医に、自分の病名、進行度と治療方針の説明をしっかりと聞くことです。自分の病状や進行度、主治医の治療方針などを把握しないままセカンドオピニオンを受けてもあまり意味がないので、今かかっている医師の“ファーストオピニオン”はしっかり聞きましょう。

 2つ目は、セカンドオピニオンには、主治医の紹介状と病理検査結果、がんの診断と治療方針の決め手になった画像診断のフィルムの現物を持参することです。何か欠けていると、同じ検査を再度受けることになり、時間と医療費が無駄になります。<<続く>>

全文はこちらでお読みいただけます。

がんナビのトップページはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55