2005.09.02

【がん患者さんのための情報サイト「がんナビ」から】 医師コミュニケーション コツをつかんで信頼関係を築く

スムーズに、納得のいく治療を受けるためには、主治医と十分にコミュニケーションを取り信頼関係を築く必要があります。医療コーディネーターとして患者と医師の橋渡しをしている嵯峨崎さんが薦めるコミュニケーション術とは―。

日本医療コーディネーター協会会長 嵯峨崎泰子さん
嵯峨崎 泰子さん顔写真

 「先生がきちんと説明してくれない」「先生が全然親身になってくれない」「つらいのにわかってもらえない」。医師の態度や診療内容に、そんな不満を口にする患者さんは少なくありません。もちろん医師の側にも問題があるかも知れませんが、一方で、限られた診察時間を上手に使って、医師とコミュニケーションを取っている患者さんもいらっしゃいます。

 自分の病状や進行度を誰よりも把握しているのは、ほかならぬ主治医です。自分に合った治療を受けるためにも、医師とのコミュニケーションをスムーズにする工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 まず、実践してみていただきたいのは、病状や経過を右上の図のような「がん病状記録メモ」にまとめて、診察の際、医師に手渡すことです。メモには時系列的に日付、時間、曜日を入れ、簡潔にポイントだけを押さえて書くようにします。聞きたいこと、困っていることがあれば、それも一緒に書いておくとよいでしょう。

 書くことで、患者さん本人も伝えたいことを整理することができますし、病状の変化のパターンを客観的に見ることができます。また、医師も今までの経過など必要な情報を短時間で把握し、より的確な治療方針を出すことにつながります。それに、書面で残りますから、口頭で伝えたときと比べて、誤解や行き違いが少なくて済みます。大事なことを伝え忘れてしまうこともありませんし、時間をかけて経過を話すよりも効果的です。 <<続く>>


全文はこちらでお読みいただけます。

がんナビのトップページはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180