2005.09.02

【がん患者さんのための情報サイト「がんナビ」から】 医師コミュニケーション コツをつかんで信頼関係を築く

スムーズに、納得のいく治療を受けるためには、主治医と十分にコミュニケーションを取り信頼関係を築く必要があります。医療コーディネーターとして患者と医師の橋渡しをしている嵯峨崎さんが薦めるコミュニケーション術とは―。

日本医療コーディネーター協会会長 嵯峨崎泰子さん
嵯峨崎 泰子さん顔写真

 「先生がきちんと説明してくれない」「先生が全然親身になってくれない」「つらいのにわかってもらえない」。医師の態度や診療内容に、そんな不満を口にする患者さんは少なくありません。もちろん医師の側にも問題があるかも知れませんが、一方で、限られた診察時間を上手に使って、医師とコミュニケーションを取っている患者さんもいらっしゃいます。

 自分の病状や進行度を誰よりも把握しているのは、ほかならぬ主治医です。自分に合った治療を受けるためにも、医師とのコミュニケーションをスムーズにする工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 まず、実践してみていただきたいのは、病状や経過を右上の図のような「がん病状記録メモ」にまとめて、診察の際、医師に手渡すことです。メモには時系列的に日付、時間、曜日を入れ、簡潔にポイントだけを押さえて書くようにします。聞きたいこと、困っていることがあれば、それも一緒に書いておくとよいでしょう。

 書くことで、患者さん本人も伝えたいことを整理することができますし、病状の変化のパターンを客観的に見ることができます。また、医師も今までの経過など必要な情報を短時間で把握し、より的確な治療方針を出すことにつながります。それに、書面で残りますから、口頭で伝えたときと比べて、誤解や行き違いが少なくて済みます。大事なことを伝え忘れてしまうこともありませんし、時間をかけて経過を話すよりも効果的です。 <<続く>>


全文はこちらでお読みいただけます。

がんナビのトップページはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:30
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:8
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:150
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:35
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:89
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:67
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:8
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正