2005.09.01

ブリストル財団、千葉大の乳がん看護スペシャリスト教育課程に助成金を提供

 ブリストル・マイヤーズスクイブ財団は9月1日、2005年度から千葉大学看護学部で開始される乳がん看護認定教育課程に対する教育助成金を授与すると発表した。2005年から3年間に渡って総額で34万米ドル(約3800万円)が提供される。

 財団が支援する千葉大学の教育課程は、わが国で始めての乳がん看護認定看護師を養成しようというもの。乳がんの治療に伴う副作用に対する知識の提供やセルフケア確立のための指導、初期治療上の意思決定への援助など、乳がん患者を支援する乳がん看護のスペシャリスト教育を行う。乳がんの罹患率は年々増加し、1998年に胃がんを抜いて女性のがん罹患数の第1位になっている。そのため、乳がん看護認定看護師の必要性が高まっている。

 2003年10月に日本看護協会が「乳がん看護」を認定看護分野に特定、千葉大学看護学部で乳がん看護認定看護し養成教育を開始することを決定した。2005年1月には、日本看護協会が、千葉大学看護学部附属実践研究指導センターを乳がん看護認定教育機関として正式に認定、10月から実際の教育が開始される。

今期には、41人の応募者から選抜された21人を対象に、6カ月にわたって研修が行われる。研修には、学内演習や5週間にわたる臨地実習が含まれる。2006年6月には、日本看護協会が認定試験を実施、これに合格してようやく乳がん看護のスペシャリストが誕生することになる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3