2005.09.01

ブリストル財団、千葉大の乳がん看護スペシャリスト教育課程に助成金を提供

 ブリストル・マイヤーズスクイブ財団は9月1日、2005年度から千葉大学看護学部で開始される乳がん看護認定教育課程に対する教育助成金を授与すると発表した。2005年から3年間に渡って総額で34万米ドル(約3800万円)が提供される。

 財団が支援する千葉大学の教育課程は、わが国で始めての乳がん看護認定看護師を養成しようというもの。乳がんの治療に伴う副作用に対する知識の提供やセルフケア確立のための指導、初期治療上の意思決定への援助など、乳がん患者を支援する乳がん看護のスペシャリスト教育を行う。乳がんの罹患率は年々増加し、1998年に胃がんを抜いて女性のがん罹患数の第1位になっている。そのため、乳がん看護認定看護師の必要性が高まっている。

 2003年10月に日本看護協会が「乳がん看護」を認定看護分野に特定、千葉大学看護学部で乳がん看護認定看護し養成教育を開始することを決定した。2005年1月には、日本看護協会が、千葉大学看護学部附属実践研究指導センターを乳がん看護認定教育機関として正式に認定、10月から実際の教育が開始される。

今期には、41人の応募者から選抜された21人を対象に、6カ月にわたって研修が行われる。研修には、学内演習や5週間にわたる臨地実習が含まれる。2006年6月には、日本看護協会が認定試験を実施、これに合格してようやく乳がん看護のスペシャリストが誕生することになる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0