2005.09.01

大分大病院長が提唱の由布院温泉ツアーが実現 治験参加者“創薬ボランティア”に感謝の気持ちこめて

 治験に関する情報提供を行っているNPO法人ニューイング(東京都八王子市、http://www.new-ing.jp/)は、被験者として治験に参加した人を主な対象とするパック旅行「ヘルシーツアーinゆふいん」を企画した。第1弾は2005年9月3〜5日に実施される予定で、既に参加申し込みは締め切られた。

 「ヘルシーツアーinゆふいん」の企画には、大分大学医学部附属病院長の中野重行氏が全面的に協力。中野氏は臨床薬理学の専門家として、厚生省(当時)1997年度「新GCP普及定着総合研究班」で主任研究者を務めたのをはじめ、質の高い治験が円滑に行われるための環境整備を進めてきた。

 中野氏は、治験に参加する患者を“創薬ボランティア”と呼ぶことを提唱し、1995年に創薬ボランティアの貢献に報いるために「思いやりプラン」を発表した。これは、創薬ボランティアとしての経験を得点化し、後で自分や親しい人のために使えるようにするというアイデア。今回のツアーは「思いやりプラン」の考えを形にしたもので、創薬ボランティア経験のある人は特別料金(通常料金の7割引)で参加できるようにした。

 ツアー2日目には、湯布院厚生年金病院の協力を得て、健康度チェックや転倒予防教室を体験。金鱗湖周辺のウォーキングやヘルシー会席など、健康に配慮したプログラムが組まれているのも特徴だ。宿泊は、1泊目が別府温泉、2泊目が湯布院温泉という豪華版だ。

 中野氏は今年中に、大分県内で「豊の国よりよき医療と健康づくり支援センター」という別のNPO法人を立ち上げ、創薬ボランティアのみならず、模擬患者など医療関係の各種ボランティアを支援する活動を行っていくことにしている。(北澤京子、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127