2005.09.01

エーザイが米国で「アリセプト」を高度アルツハイマー型痴呆に適応拡大申請

 エーザイは9月1日、米国の臨床研究子会社エーザイ・メディカル・リサーチ・インクが、8月31日に米食品医薬品局(FDA)にアルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」の高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大申請を行ったと発表した。

 適応拡大申請は、複数の施設における高度アルツハイマー型痴呆の患者250人を対象に、プラセボを対照とした無作為化二重盲検試験を6カ月間実施した結果に基づき行った。アリセプト投与群は、プラセボ投与群と比較して、認知機能、日常生活動作(ADL:Activities of Daily Living)において、有意に良好な結果を示したとしている。

 「アリセプト」は、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤で、神経伝達物質である脳内アセチルコリン濃度を高める作用を持つ。軽度および中等度のアルツハイマー型痴呆治療剤として認可されている。適応が拡大すれば、米国において軽度から高度までアルツハイマー型痴呆のすべての患者に投与できる初めての治療薬となる。

 「アリセプト」は現在、世界76カ国で販売されており、エーザイでは今年度の売り上げを1850億円と見込んでいる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25