2005.09.01

第53回日本心臓病学会、「心不全」もテーマの柱に

 第53回日本心臓病学会が9月19日から21日までの3日間、大阪市のグランキューブ大阪(大阪国際会議場)で開催される。今大会のテーマは「The Heart for the Heart」。8月31日に都内で開かれたプレスカンファレンスで会長の大阪大学医学系研究科循環器内科学教授の堀正二氏(写真)は、「心臓病を病んでいる人を診る“心”の大切さを考える機会としたい」とその意義を強調した。

 学会では、472の口述演題、287のポスター演題の合計759の演題が発表され、約3500人の参加が見込まれている。

 臨床と教育に重点を置くのが特徴で、毎日10小間を開催するモーニングセッションでは、「抗凝固薬」「ICD」「たこつぼ心筋症」など、テーマを絞った教育講演を組んでいる。また、「エキスパートに聞く」では、第一線で活躍している中堅が登壇し、臨床の最前線でのノウハウを解説するという。

 個別のテーマでは「心不全」も柱の1つで、シンポジウム3「拡張不全と収縮不全」、パネルディスカッション「心不全進展のメカニズムを考慮した分子レベルからの新たな心不全治療戦略」を開催するほか、アジアンカンファレンスでもテーマに取り上げる。(三和護、医療局編集委員)

*第53回日本心臓病学会のホームページは以下へ。
http://www2.convention.co.jp/jcc53/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180