2005.08.31

ImClone Systems社とBMS社、分子標的薬ERBITUXの頭頸部がんへの適応拡大を申請 

 米ImClone Systems社と米Bristol-Myers Squibb社は8月30日、IgG1モノクローナル抗体製剤「ERBITUX」(一般名:cetuximab)を頭頸部扁平上皮がん治療薬として販売する承認を求め、米食品医薬品局(FDA)に適応拡大を申請したと発表した。

 今回の申請は、424人を対象として、ERBITUXを局所進行性の頭頸部扁平上皮がん治療に放射線療法と併用したフェーズ3臨床試験と、103人を対象として、プラチナ系抗がん剤による化学療法が失敗し、頭頸部扁平上皮がんを再発、または転移した患者に対しての単剤療法を行ったフェーズ2臨床試験に基づいたものである。

 ERBITUXは細胞の成長や増殖に関与している上皮成長因子受容体(EGFR)をターゲットとしたモノクローナル抗体であり、上皮成長因子(EGF)といったリガンドのEGFRへの結合を拮抗阻害する分子標的薬。EGFRは結腸直腸がんなど、多くのがん細胞で過剰発現が確認されている。現在、米国ではERBITUXは進行性結腸直腸がんの治療に対し、イリノテカンとの併用、もしくは単剤療法で承認されている。

 米国がん学会によると、2005年はおよそ4万人の米国人が舌がん、喉頭がんなどを含む頭頸部がんと診断される見込みで、1万1000以上が頭頸部がんで死亡すると見積もられているという。なおERBITUXはわが国では非小細胞肺がんを対象にしたフェーズ1試験が進められている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1