2005.08.31

ImClone Systems社とBMS社、分子標的薬ERBITUXの頭頸部がんへの適応拡大を申請 

 米ImClone Systems社と米Bristol-Myers Squibb社は8月30日、IgG1モノクローナル抗体製剤「ERBITUX」(一般名:cetuximab)を頭頸部扁平上皮がん治療薬として販売する承認を求め、米食品医薬品局(FDA)に適応拡大を申請したと発表した。

 今回の申請は、424人を対象として、ERBITUXを局所進行性の頭頸部扁平上皮がん治療に放射線療法と併用したフェーズ3臨床試験と、103人を対象として、プラチナ系抗がん剤による化学療法が失敗し、頭頸部扁平上皮がんを再発、または転移した患者に対しての単剤療法を行ったフェーズ2臨床試験に基づいたものである。

 ERBITUXは細胞の成長や増殖に関与している上皮成長因子受容体(EGFR)をターゲットとしたモノクローナル抗体であり、上皮成長因子(EGF)といったリガンドのEGFRへの結合を拮抗阻害する分子標的薬。EGFRは結腸直腸がんなど、多くのがん細胞で過剰発現が確認されている。現在、米国ではERBITUXは進行性結腸直腸がんの治療に対し、イリノテカンとの併用、もしくは単剤療法で承認されている。

 米国がん学会によると、2005年はおよそ4万人の米国人が舌がん、喉頭がんなどを含む頭頸部がんと診断される見込みで、1万1000以上が頭頸部がんで死亡すると見積もられているという。なおERBITUXはわが国では非小細胞肺がんを対象にしたフェーズ1試験が進められている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95