2005.08.31

GERDを合併した骨粗鬆症患者

 日経ドラッグインフォメーション2005年8月号から、「GERDを合併した骨粗鬆症患者」を紹介します。テーマは「ビタミンを投与された骨髄異形成症候群患者」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 近くの整形外科で診察を終えた76歳の女性Kさんの処方せんを持って、同居する娘さんが薬局を訪れました。娘さんは処方せんを出すときにこんな質問をしました。

 母はだいぶ前から腰や膝の痛みがひどく、近くの整形外科の先生に診てもらっています。骨粗鬆症と痛み止めの薬を出してもらっていますが、「最近、胸焼けがする」と先生にお話ししたところ、「胃食道逆流症を合併したようなので、薬を変えましょう」と言われました。胸焼けの原因は痛み止めの飲み薬だったのでしょうか。

■処方せん
(1) アルファロールカプセル0.5μg 2錠
   1日1回 朝食後服用 28日分
(2) パリエット錠10mg 1錠
   1日1回 就寝前服用 28日分
(3) アドフィード 6パック
*パリエット(一般名:ラベプラゾールナトリウム)は今回から追加された。また前回まではアドフィード(一般名:フルルビプロフェン)の代わりに、バファリン330mg錠(一般名:アスピリン・ダイアルミネート)が1日2錠処方されていた。

Q1 胃食道逆流症に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
(1) 腹巻きやコルセットを使用することである程度予防できる。
(2) 下部食道括約筋圧の低下は一般的な発症因子の一つである。
(3) 高齢者は胃酸分泌が低下するため、酸逆流が必須条件である胃食道逆流症にはかかりにくい。
(4) 添付文書上、プロトンポンプ阻害剤(PPI)を投与できるのは8週間までである。

Q2 胃食道逆流症を引き起こしやすいとされている内服剤は次のうちどれか。
(1) ACE阻害剤
(2) Ca拮抗剤
(3) α1ブロッカー
(4) テオフィリン
(5) NSAIDs

*答えは本誌2005年8月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127