2005.08.31

GERDを合併した骨粗鬆症患者

 日経ドラッグインフォメーション2005年8月号から、「GERDを合併した骨粗鬆症患者」を紹介します。テーマは「ビタミンを投与された骨髄異形成症候群患者」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 近くの整形外科で診察を終えた76歳の女性Kさんの処方せんを持って、同居する娘さんが薬局を訪れました。娘さんは処方せんを出すときにこんな質問をしました。

 母はだいぶ前から腰や膝の痛みがひどく、近くの整形外科の先生に診てもらっています。骨粗鬆症と痛み止めの薬を出してもらっていますが、「最近、胸焼けがする」と先生にお話ししたところ、「胃食道逆流症を合併したようなので、薬を変えましょう」と言われました。胸焼けの原因は痛み止めの飲み薬だったのでしょうか。

■処方せん
(1) アルファロールカプセル0.5μg 2錠
   1日1回 朝食後服用 28日分
(2) パリエット錠10mg 1錠
   1日1回 就寝前服用 28日分
(3) アドフィード 6パック
*パリエット(一般名:ラベプラゾールナトリウム)は今回から追加された。また前回まではアドフィード(一般名:フルルビプロフェン)の代わりに、バファリン330mg錠(一般名:アスピリン・ダイアルミネート)が1日2錠処方されていた。

Q1 胃食道逆流症に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
(1) 腹巻きやコルセットを使用することである程度予防できる。
(2) 下部食道括約筋圧の低下は一般的な発症因子の一つである。
(3) 高齢者は胃酸分泌が低下するため、酸逆流が必須条件である胃食道逆流症にはかかりにくい。
(4) 添付文書上、プロトンポンプ阻害剤(PPI)を投与できるのは8週間までである。

Q2 胃食道逆流症を引き起こしやすいとされている内服剤は次のうちどれか。
(1) ACE阻害剤
(2) Ca拮抗剤
(3) α1ブロッカー
(4) テオフィリン
(5) NSAIDs

*答えは本誌2005年8月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1