2005.08.31

GERDを合併した骨粗鬆症患者

 日経ドラッグインフォメーション2005年8月号から、「GERDを合併した骨粗鬆症患者」を紹介します。テーマは「ビタミンを投与された骨髄異形成症候群患者」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 近くの整形外科で診察を終えた76歳の女性Kさんの処方せんを持って、同居する娘さんが薬局を訪れました。娘さんは処方せんを出すときにこんな質問をしました。

 母はだいぶ前から腰や膝の痛みがひどく、近くの整形外科の先生に診てもらっています。骨粗鬆症と痛み止めの薬を出してもらっていますが、「最近、胸焼けがする」と先生にお話ししたところ、「胃食道逆流症を合併したようなので、薬を変えましょう」と言われました。胸焼けの原因は痛み止めの飲み薬だったのでしょうか。

■処方せん
(1) アルファロールカプセル0.5μg 2錠
   1日1回 朝食後服用 28日分
(2) パリエット錠10mg 1錠
   1日1回 就寝前服用 28日分
(3) アドフィード 6パック
*パリエット(一般名:ラベプラゾールナトリウム)は今回から追加された。また前回まではアドフィード(一般名:フルルビプロフェン)の代わりに、バファリン330mg錠(一般名:アスピリン・ダイアルミネート)が1日2錠処方されていた。

Q1 胃食道逆流症に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
(1) 腹巻きやコルセットを使用することである程度予防できる。
(2) 下部食道括約筋圧の低下は一般的な発症因子の一つである。
(3) 高齢者は胃酸分泌が低下するため、酸逆流が必須条件である胃食道逆流症にはかかりにくい。
(4) 添付文書上、プロトンポンプ阻害剤(PPI)を投与できるのは8週間までである。

Q2 胃食道逆流症を引き起こしやすいとされている内服剤は次のうちどれか。
(1) ACE阻害剤
(2) Ca拮抗剤
(3) α1ブロッカー
(4) テオフィリン
(5) NSAIDs

*答えは本誌2005年8月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65