2005.08.30

エーザイの抗TNF抗体D2E7は予定通り今年度申請へ 

 エーザイは、関節リウマチを対象にフェーズ2/3臨床試験を進めているヒト抗腫瘍壊死因子(TNFα)モノクローナル抗体D2E7の申請を予定通り2005年度に行うことを明らかにした。申請作業の最終段階に入っていることが8月30日に開催された同社のR&Dミ−ティングで明らかにされた。

 中外製薬の抗インターロイキン6受容体抗体も関節リウマチを対象にしたフェーズ3試験を終了したことを明らかにするなど、関節リウマチをめぐる生物学的製剤の開発競争が激しくなってきた。

 D2E7は米Abbott Laboratories社が英Cambridge Antibody社と共同開発したファージディスプレイ法で作製した完全なヒト抗体。遺伝子組み換えヒトIgG1抗体だ。抗体の可変領域の重鎖部分(VH)と軽鎖部分(VL)を組み合わせて融合させたscFvを組み換え技術を使って多種類作製し、目的の標的に結合する抗体を見つけ出す技術を用いて開発されたものだ。完全なヒト抗体であることから、D2E7に対する抗体ができる可能性が少ないと期待できる製品になる。なお乾癬を対象にしたフェーズ2/3試験もわが国では進められており、2007年度に申請する計画だ。

 R&Dミ−ティングではD2E7以外に、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤「アリセプト」の高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大を2005年12月に行うことも明らかにされた。さらに痙性斜頸を対象に開発が進められているB型ボツリヌス毒素製剤E2014は2006年度、肥満症治療剤KES524(シブトラミン)は2007年度に申請する予定だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127