2005.08.30

未来創薬研究所は新しい共同研究モデル、臨床研究者とも積極的に共同研究

 中外製薬取締役執行役員の山崎達美氏は、このほど本誌のインタビューに応じ、4月に東京大学先端科学技術研究センターの駒場オープンラボラトリー内に三井物産、実験動物中央研究所と共同出資で設立した株式会社未来創薬研究所が、新しい共同研究モデルであることを強調した。

 未来創薬研究所は、1対1の共同研究ではなく、実験室レベルの研究と臨床レベルの研究を密接に行うことを目的に設立されたもので、ネットワーク型の研究体制を取っている。まずは東京大学医科学研究所教授の児玉龍彦氏のグループと連携して抗体の開発に注力するが、アイデアを持つ臨床研究者がいて、具体的な提案があり、お互いにメリットさえあれば、積極的に取り組んで行くという。

 山崎氏は未来創薬研究所で共同研究を行うメリットとして、臨床サンプルができること、抗体技術が活用できること、研究者のネットワークが活用できること、中外の薬効評価系が使えることをあげた。中外にはがんの高度なレベルの病理解析情報があり、未来創薬研究所で活用しようとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22