2005.08.30

未来創薬研究所は新しい共同研究モデル、臨床研究者とも積極的に共同研究

 中外製薬取締役執行役員の山崎達美氏は、このほど本誌のインタビューに応じ、4月に東京大学先端科学技術研究センターの駒場オープンラボラトリー内に三井物産、実験動物中央研究所と共同出資で設立した株式会社未来創薬研究所が、新しい共同研究モデルであることを強調した。

 未来創薬研究所は、1対1の共同研究ではなく、実験室レベルの研究と臨床レベルの研究を密接に行うことを目的に設立されたもので、ネットワーク型の研究体制を取っている。まずは東京大学医科学研究所教授の児玉龍彦氏のグループと連携して抗体の開発に注力するが、アイデアを持つ臨床研究者がいて、具体的な提案があり、お互いにメリットさえあれば、積極的に取り組んで行くという。

 山崎氏は未来創薬研究所で共同研究を行うメリットとして、臨床サンプルができること、抗体技術が活用できること、研究者のネットワークが活用できること、中外の薬効評価系が使えることをあげた。中外にはがんの高度なレベルの病理解析情報があり、未来創薬研究所で活用しようとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3