2005.08.30

大日本住友製薬が10月1日付けでゲノム科学研究所を設置

 大日本製薬と住友製薬が10月1日付けで合併して発足する大日本住友製薬にゲノム科学研究所が設置されることが明らかとなった。

 現在、住友製薬にはゲノム科学研究所があるが、5月16日に発表された新会社の組織にはなく、どのような位置づけになるか注目されていた。

 大日本住友製薬のゲノム科学研究所は、研究本部の中に10月1日付けで設置される。住友製薬のゲノム科学研究所の研究グループに大日本製薬の化学研究所構造化学研究グループが加わる形になる。新しいゲノム科学研究所長には、現住友製薬ゲノム科学研究所長兼研究本部部長の金岡昌治氏が就任する。

 住友製薬のゲノム研究は、化合物を利用した創薬標的の絞り込みが特徴。創薬標的探索に続く次の研究開発ターゲットとして、治療薬の選択に遺伝情報を活用するファーマコジェノミクスを挙げている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127