2005.08.29

GSK社、多くの医薬品でファーマコジェネティクスを活用、パイプライン充実などに貢献

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)のSenior Vice President, Genetics Research, Research and Development Executive CommitteeのAllen Roses氏は、将来患者の遺伝情報に より適切な医薬を提供するファーマコジェネティクスを目的として、自社の創薬プロセスを大きく変革していることをこのほど明らかにした。いずれは、ファーマコジェネティクスを活用した医薬品が多数、医療現場に登場することとなりそうだ。

 GSK社は、他社に先んじて、1997年から新薬の臨床試験で、患者の臨床情報とともに患者のDNAを収集することを欧米で進めてきた。2003年以降はタイ、日本、インド、南米、メキシコ等の欧米諸国以外でも収集を始めている。副作用予測は、10人から20人の副作用発現患者の30万から50万の1塩基多型(SNP)解析を行うことで可能となってきた。

 現在の開発パイプラインの中には、以前であれば有効性が十分証明されなかったり、一部の患者で副作用が見られたことにより開発が中断されていた化合物が、いくつもあるという。GSK社のパイプラインが充実してきている理由の一因は、ファーマコジェネティクスを活用しているからだという。

 また、米食品医薬品局(FDA)が、ファーマコジェネティクスに関連したデータを自発的に提出するためのガイダンスを発表しているが、GSK社は臨床の初期段階からFDAと話し合いの場を幾度も持ち、ファーマコジェネティクスを取り込んだ開発を進めているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84