2005.08.29

GSK社、多くの医薬品でファーマコジェネティクスを活用、パイプライン充実などに貢献

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)のSenior Vice President, Genetics Research, Research and Development Executive CommitteeのAllen Roses氏は、将来患者の遺伝情報に より適切な医薬を提供するファーマコジェネティクスを目的として、自社の創薬プロセスを大きく変革していることをこのほど明らかにした。いずれは、ファーマコジェネティクスを活用した医薬品が多数、医療現場に登場することとなりそうだ。

 GSK社は、他社に先んじて、1997年から新薬の臨床試験で、患者の臨床情報とともに患者のDNAを収集することを欧米で進めてきた。2003年以降はタイ、日本、インド、南米、メキシコ等の欧米諸国以外でも収集を始めている。副作用予測は、10人から20人の副作用発現患者の30万から50万の1塩基多型(SNP)解析を行うことで可能となってきた。

 現在の開発パイプラインの中には、以前であれば有効性が十分証明されなかったり、一部の患者で副作用が見られたことにより開発が中断されていた化合物が、いくつもあるという。GSK社のパイプラインが充実してきている理由の一因は、ファーマコジェネティクスを活用しているからだという。

 また、米食品医薬品局(FDA)が、ファーマコジェネティクスに関連したデータを自発的に提出するためのガイダンスを発表しているが、GSK社は臨床の初期段階からFDAと話し合いの場を幾度も持ち、ファーマコジェネティクスを取り込んだ開発を進めているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48