2005.08.29

患者視点・プロセスでみた病院ホームページ(楽患ねっと)

 NPO法人楽患ねっと理事長の岩本貴さんが「患者視点・プロセスでみた病院ホームページ」をアップしています。患者の方には病院ホームページの使い方・見方、病院関係者の方には患者視点のホームページ作りの参考になれば幸いです、とのこと。以下に、紹介させていただきます。

患者視点・プロセスでみた病院ホームページ

 久しぶりに病院にかかる時はまず病院のホームページを見ている。担当の先生は何曜日に入っているか?駅からのアクセスは?予約の電話番号は?などを調べる。便利になったなと思う反面、必要な情報にたどり着くまでに結構あっちこっち回ることになったり、必要な情報がなかったりと、まだまだだったりする。

 そこで、患者の視点、プロセスで病院ホームページを考えてみた。それぞれのプロセスごとに参考になるページを紹介する。

 まず、体調の変化に気づく事から始まる。『なんだが寒気がする』『背中のあたりが刺すように痛い』などなど。その際にどこの診療科に罹るのかを分かり易く教えてくれるのがこのページ(埼玉医科大学病院)。

 この『病気の気づき』というプロセスを入れているホームページはほとんどなかった。もっとも病院別の違いは基本的にないはずなのでどこかの機関が標準的なものを作っても良いと思う。
 
 次は病院選び。

 罹りたい診療科はあるだろうか?当然のことながらどの病院も載せています。

 自宅、会社からのアクセスはどうだろう?地図だけでなく○×駅何番出口からこのルートで何分といった情報は助かる。ただでさえ病気で辛いのに道には迷いたくない。道順を写真で紹介しているこのページ(東京大学医学部附属病院)は非常に分かり易い。

 治療技術は確かだろうか?これは議論になっているところだ。手術件数を出しているところがあるが、知りたいのは医師1人当たりの手術件数だと思う。死亡率に関しても状態の良い患者ばかり受け入れれば必然的に低くなる。死亡率に重症度を加味したものを全国平均と比較したものもある(日経新聞 2005/8/28記事より)。こちらのページ(pdfファイル、福島県立医科大学医学部附属病院)。

 また、EBMに基づいた標準治療が行われているかどうかという情報は有用だと思う。客観的に高い効果が実証されているというのは安心できる。

 きちんと話を聞いてくれるだろうか?納得のいく説明をしてくれるだろうか?そういった人間性も大切だ。楽患ねっとにて病院を選ぶとき何を基準に選びますかというアンケート調査をしたところ多くの方がこの点を挙げていた。
※調査結果はこちら

 医療者のメッセージをアップしている病院HPがあるが、大体が専門性についてのみ語っている。趣味、最近注目していることなど人間性が見えるものもあって良いと思う。こちらのページ(亀田メディカルセンター)。

*さらに詳しくはこちらからご覧ください。

(まとめ:三和護、医療局編集委員)


■ 関連トピックス ■
◆ 2005.8.18 私のがん体験 「僕たちはこれからだ」
◆2005.8.8 私のがん体験 「がんになって良かった」
◆2005.8.2 私のがん体験 「乳がんと宣告されて」
◆2005.7.29 NPO法人楽患ねっと、患者ニーズを病院運営に反映させる調査事業を展開へ
◆2005.1.7 NPO法人楽患ねっと、「患者の目から見た医療を知る」をテーマにシンポジウム
◆2004.6.18 楽患ねっと】 「いのちの授業」で伝えたいもの
「患者も大変だけど先生(医師)も大変だネ」

◆2004.5.6 楽患な人々】内田スミス あゆみさん(女性、30代) 
「私を支えてくれたのは、いろいろな人の闘病記でした」

◆2004.3.5 話題】 患者さんに交流の場を提供する「楽患ねっと」
患者さんが自ら語る「いのちの授業」を新たに展開


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22