2005.08.29

患者視点・プロセスでみた病院ホームページ(楽患ねっと)

 NPO法人楽患ねっと理事長の岩本貴さんが「患者視点・プロセスでみた病院ホームページ」をアップしています。患者の方には病院ホームページの使い方・見方、病院関係者の方には患者視点のホームページ作りの参考になれば幸いです、とのこと。以下に、紹介させていただきます。

患者視点・プロセスでみた病院ホームページ

 久しぶりに病院にかかる時はまず病院のホームページを見ている。担当の先生は何曜日に入っているか?駅からのアクセスは?予約の電話番号は?などを調べる。便利になったなと思う反面、必要な情報にたどり着くまでに結構あっちこっち回ることになったり、必要な情報がなかったりと、まだまだだったりする。

 そこで、患者の視点、プロセスで病院ホームページを考えてみた。それぞれのプロセスごとに参考になるページを紹介する。

 まず、体調の変化に気づく事から始まる。『なんだが寒気がする』『背中のあたりが刺すように痛い』などなど。その際にどこの診療科に罹るのかを分かり易く教えてくれるのがこのページ(埼玉医科大学病院)。

 この『病気の気づき』というプロセスを入れているホームページはほとんどなかった。もっとも病院別の違いは基本的にないはずなのでどこかの機関が標準的なものを作っても良いと思う。
 
 次は病院選び。

 罹りたい診療科はあるだろうか?当然のことながらどの病院も載せています。

 自宅、会社からのアクセスはどうだろう?地図だけでなく○×駅何番出口からこのルートで何分といった情報は助かる。ただでさえ病気で辛いのに道には迷いたくない。道順を写真で紹介しているこのページ(東京大学医学部附属病院)は非常に分かり易い。

 治療技術は確かだろうか?これは議論になっているところだ。手術件数を出しているところがあるが、知りたいのは医師1人当たりの手術件数だと思う。死亡率に関しても状態の良い患者ばかり受け入れれば必然的に低くなる。死亡率に重症度を加味したものを全国平均と比較したものもある(日経新聞 2005/8/28記事より)。こちらのページ(pdfファイル、福島県立医科大学医学部附属病院)。

 また、EBMに基づいた標準治療が行われているかどうかという情報は有用だと思う。客観的に高い効果が実証されているというのは安心できる。

 きちんと話を聞いてくれるだろうか?納得のいく説明をしてくれるだろうか?そういった人間性も大切だ。楽患ねっとにて病院を選ぶとき何を基準に選びますかというアンケート調査をしたところ多くの方がこの点を挙げていた。
※調査結果はこちら

 医療者のメッセージをアップしている病院HPがあるが、大体が専門性についてのみ語っている。趣味、最近注目していることなど人間性が見えるものもあって良いと思う。こちらのページ(亀田メディカルセンター)。

*さらに詳しくはこちらからご覧ください。

(まとめ:三和護、医療局編集委員)


■ 関連トピックス ■
◆ 2005.8.18 私のがん体験 「僕たちはこれからだ」
◆2005.8.8 私のがん体験 「がんになって良かった」
◆2005.8.2 私のがん体験 「乳がんと宣告されて」
◆2005.7.29 NPO法人楽患ねっと、患者ニーズを病院運営に反映させる調査事業を展開へ
◆2005.1.7 NPO法人楽患ねっと、「患者の目から見た医療を知る」をテーマにシンポジウム
◆2004.6.18 楽患ねっと】 「いのちの授業」で伝えたいもの
「患者も大変だけど先生(医師)も大変だネ」

◆2004.5.6 楽患な人々】内田スミス あゆみさん(女性、30代) 
「私を支えてくれたのは、いろいろな人の闘病記でした」

◆2004.3.5 話題】 患者さんに交流の場を提供する「楽患ねっと」
患者さんが自ら語る「いのちの授業」を新たに展開


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正