2005.08.25

ギャバ入りの甘酒が登場 月桂冠が1缶115円で発売

 月桂冠(本社・京都)は、米胚芽由来の成分でリラックス効果などがある「ギャバ(γアミノ酪酸)」を約15mg配合した「あまざけ」缶を9月上旬に発売する。

 通常の甘酒にもギャバが2〜4mg含まれるといわれる。同社は、製造工程でギャバを多く含む米胚芽抽出エキスを配合し、1缶に約15mgのギャバを含有させた。「ギャバが持つ、心身をリラックスさせる作用などを期待できる」(同社広報室)という。

 ギャバは米や野菜などに含まれるアミノ酸の一種で、脳の神経を鎮める働きを持つ。精神的な疲れや、イライラに効くと注目されている。血圧を下げたり、肝機能を改善する効果もある。

 血圧を下げたい場合の摂取目安は1日10mgといわれ、イライラ、不眠などは1日約26mgで改善するというデータもある。

 ただし同社は、ギャバ配合甘酒の健康効果の検証は現段階では予定していない。

 「ショウガ入り」と「ショウガなし」2タイプを、東日本では9月9日から、西日本では9月14日から発売予定。1缶190g、115円(税抜き)。アルコールを1%未満含む。(熊介子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正