2005.08.25

ギャバ入りの甘酒が登場 月桂冠が1缶115円で発売

 月桂冠(本社・京都)は、米胚芽由来の成分でリラックス効果などがある「ギャバ(γアミノ酪酸)」を約15mg配合した「あまざけ」缶を9月上旬に発売する。

 通常の甘酒にもギャバが2〜4mg含まれるといわれる。同社は、製造工程でギャバを多く含む米胚芽抽出エキスを配合し、1缶に約15mgのギャバを含有させた。「ギャバが持つ、心身をリラックスさせる作用などを期待できる」(同社広報室)という。

 ギャバは米や野菜などに含まれるアミノ酸の一種で、脳の神経を鎮める働きを持つ。精神的な疲れや、イライラに効くと注目されている。血圧を下げたり、肝機能を改善する効果もある。

 血圧を下げたい場合の摂取目安は1日10mgといわれ、イライラ、不眠などは1日約26mgで改善するというデータもある。

 ただし同社は、ギャバ配合甘酒の健康効果の検証は現段階では予定していない。

 「ショウガ入り」と「ショウガなし」2タイプを、東日本では9月9日から、西日本では9月14日から発売予定。1缶190g、115円(税抜き)。アルコールを1%未満含む。(熊介子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56