2005.08.25

ギャバ入りの甘酒が登場 月桂冠が1缶115円で発売

 月桂冠(本社・京都)は、米胚芽由来の成分でリラックス効果などがある「ギャバ(γアミノ酪酸)」を約15mg配合した「あまざけ」缶を9月上旬に発売する。

 通常の甘酒にもギャバが2〜4mg含まれるといわれる。同社は、製造工程でギャバを多く含む米胚芽抽出エキスを配合し、1缶に約15mgのギャバを含有させた。「ギャバが持つ、心身をリラックスさせる作用などを期待できる」(同社広報室)という。

 ギャバは米や野菜などに含まれるアミノ酸の一種で、脳の神経を鎮める働きを持つ。精神的な疲れや、イライラに効くと注目されている。血圧を下げたり、肝機能を改善する効果もある。

 血圧を下げたい場合の摂取目安は1日10mgといわれ、イライラ、不眠などは1日約26mgで改善するというデータもある。

 ただし同社は、ギャバ配合甘酒の健康効果の検証は現段階では予定していない。

 「ショウガ入り」と「ショウガなし」2タイプを、東日本では9月9日から、西日本では9月14日から発売予定。1缶190g、115円(税抜き)。アルコールを1%未満含む。(熊介子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182