2005.08.25

英政府が神経科学とがん分野の現状を紹介するセミナーを9月7日に横浜で開催、日本との連携強化目指す

 英政府は、9月7日から9日に横浜市で開催されるBioJapan2005の中で開催するセミナーで、特に神経科学とがん分野における自国の現状を紹介する。英国大使館科学技術担当一等書記官のエドワード・ライト氏がこのほど明らかにしたものだ。ライト氏は日英ともにこの2領域には力を入れており、しかも強みを持つところが違うと考えており、セミナーをきっかけに、産学連携や企業同士の提携、大学同士の連携が進むことを期待しているという。

 がん領域については、英国がん治療センター所長でロンドン大学薬理学・治療学部教授のポール・ウォークマン氏が英国が強みを持つ遺伝子とがんの発生について説明する模様だ。

 神経領域については、マンチェスター大学副学長で同大学ライフサイエンス学部長のアラン・ノース氏が英国が強みを持つ磁気共鳴画像(MRI)や記憶、学習関連の研究などについて説明するとともに、自らが取り組むニコチン中毒やアルコール中毒に関連した受容体の研究にも触れる見込み。

 このほか、がん領域と神経領域の企業で、ライセンスするものがあるなど「いい話がある」(ライト氏)企業を英国大使館がピックアップして、セミナーで発表が行われる。Antisoma社、EiRx Therapeutics社、Pharmidex社、Oxford Biomedica社、Hunter Fleming社が発表を行う。

 セミナーは9月7日13時30分からパシフィコ横浜会議センター302会議室で行われる。入場は無料だが登録が必要。申し込み、問い合わせはこちらまで。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正