2005.08.25

千葉県がんセンター研究所、神経芽腫の予後予測に利用できるDNAチップの開発に成功 

 千葉県がんセンター研究所所長の中川原章氏、研究員の大平美紀氏らの研究グループは、小児の腹部腫瘍である神経芽腫の予後予測に利用できるDNAチップの開発に成功した。中川原氏のコンサルティングの下で、大手臨床検査受託会社のエスアールエル(SRL)が、開発されたDNAチップを使用した検査を受託している。

 神経芽腫は発症年齢などを指標にして予後予測が行われているが、予測が困難な中間予後群が存在していることが問題となっている。開発されたDNAチップで予後が正確に予測できれば、患者の予後に応じた治療法の選択が可能になる。

 中川原氏らは、まず、神経芽腫から単離した遺伝子を用いて5340スポットから構成されたDNAチップを作製した。このチップを用いて中間予後群40例を含む136症例の遺伝子を解析し、予後との関係を調べた。その結果、関連が強い上位70個の遺伝子の発現を見ることで、予後が予測できるアルゴリズムを開発することに成功した。5340スポットのDNAチップは、診断後2年後の予後を90%、5年後の予後を89%の確率で予測することができた。

 次に実用化を目的に低コスト化を目指して、関連が強い上位200個の遺伝子を載せたミニDNAチップを作製した。ミニDNAチップの予後予測能力を調べたところ、5340個載せたチップと同様に90%の確率で予後を予測することができた。

 さらに、他の施設でも同等の結果が出せるかを確認するために、SRLで別の50検体を用いて評価したところ、予後予測率は90%となり、同等の結果が得られた。

 中川原氏らは、現在、日本の主だった小児がんの研究者を集めてグループスタディを行おうとしている。グループスタディでは、開発したチップによる予後予測を神経芽腫のリスク分類に組み込むことを研究するほか、1万3000個の遺伝子を載せたチップを用いて、新しい治療プロトコールで予後予測のできるシステムの開発を行う計画だ。

 また、中川原氏らは、今までに神経芽腫から1万1000個の遺伝子を単離、約400個の新規遺伝子の同定に成功している。そのうち10個程度について機能解析を進めており、神経変性疾患との関連を見出すなどの成果をあげている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正