2005.08.19

ロート製薬、機能性食品を急拡大へ 5〜6年で売上100億円超の増加目指す

 ロート製薬は8月18日、機能性食品の事業を拡大して、今後5〜6年で100億円超の売上増加を目指すことを明らかにした。

 同社はここ数年、新商品を相次ぎ投入するなどで売り上げを伸ばしている。2005年度は連結売上高820億円を予想し、目薬などのアイケアで245億円、化粧品などのスキンケアで415億円、サプリメントなどの内服関連で97億円(いずれも連結ベース)を見込む。

 同社は、機能性の高いサプリメントとして、αリポ酸を配合した「美活工房」、ビタミンなどの抗酸化成分を配合して目の健康を増進する「クリアビジョン」などを製品化している。今後、サプリメントを含む機能性食品を内服関連事業の軸と位置づけ、アイケア、スキンケアに次ぐ事業の第3の柱として育成していく。

 機能性食品の開発テーマとして掲げているのが、「抗老化(アンチエージング)」と「(病気)予防領域」。これに先立って、7月20日付けで京都府・学研都市に敷地約1万5000坪の大規模研究施設をバイエル薬品から取得。ここで、生体がもつ免疫や再生機能などを研究していく。

 また、京都府立医大・吉川敏一教授や大阪商工会議所などが立ち上げた産学連携コンソーシアム「ヒトでの疾病予防機能の評価方法の確立、及びそれを用いた機能性食品の効能評価に関するプロジェクト」に参画。コンソーシアムには、味の素、サントリー、明治製菓、ファンケルなどがすでに参加している。ここでの機能評価を生かして、効果の確かな、信頼性の高いサプリメントなどの開発を目指す。

 さらに、機能性食品の人材育成や流通チャネルへの情報提供を強化するために、ロート社内では、日本チェーンドラッグストア協会が認定する「ヘルスケアアドバイザー」取得を目指して営業職を中心に35人が、国立健康・栄養研究所が認定する「NR(栄養情報担当者)」取得を目指して研究・開発職を中心に120人が勉強中だという。(日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正