2005.08.19

協和発酵、植物由来のグルコサミンの供給を開始

 協和発酵(東京都千代田区)は、トウモロコシを発酵させて作る植物由来のキチンを原料としたグルコサミン「発酵グルコサミンK」を開発。この原体をサプリメントや食品会社に対し、9月2日から供給を開始する。

 グルコサミンは、もともと体内にある成分で、組織や細胞を結合する働きがあり、軟骨や腱の材料になる。加齢とともに減るので、ひざなどの関節に痛みがある人は、サプリメントで補うとよいとされる。

 従来、国内市場に流通していたグルコサミンの原料は、エビやカニの甲殻から抽出したキチン。一方、同社は、トウモロコシに微生物を混ぜて糖分を発酵させ、微生物の表面についたキチンを使用した。

 エビやカニは、厚生労働省からアレルギー物質を含む「特定原材料」に指定され、表示が奨励されている。

 「植物由来のキチンを原料とすることでアレルギー表示の必要がなくなった。植物由来で、発酵させた微生物のキチンを原料としたグルコサミンは国内で初めて」(同社)という。(清水由貴子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
  3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
  5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
  6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
  7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
  8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
  9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
  10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正