2005.08.19

協和発酵、植物由来のグルコサミンの供給を開始

 協和発酵(東京都千代田区)は、トウモロコシを発酵させて作る植物由来のキチンを原料としたグルコサミン「発酵グルコサミンK」を開発。この原体をサプリメントや食品会社に対し、9月2日から供給を開始する。

 グルコサミンは、もともと体内にある成分で、組織や細胞を結合する働きがあり、軟骨や腱の材料になる。加齢とともに減るので、ひざなどの関節に痛みがある人は、サプリメントで補うとよいとされる。

 従来、国内市場に流通していたグルコサミンの原料は、エビやカニの甲殻から抽出したキチン。一方、同社は、トウモロコシに微生物を混ぜて糖分を発酵させ、微生物の表面についたキチンを使用した。

 エビやカニは、厚生労働省からアレルギー物質を含む「特定原材料」に指定され、表示が奨励されている。

 「植物由来のキチンを原料とすることでアレルギー表示の必要がなくなった。植物由来で、発酵させた微生物のキチンを原料としたグルコサミンは国内で初めて」(同社)という。(清水由貴子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127