2005.08.11

エリスロポエチン市場のシェア変更なるか、キリンが長時間作用型製剤を申請

 キリンビールは、第2世代エリスロポエチン製剤「KRN321」(NESP)の申請を2005年前半に行ったことをこのほど明らかにした。申請した対象疾患は腎性貧血で、がん性貧血を対象にフェーズ2臨床試験もキリンは進めている。

 赤血球を増やすたんぱく質医薬品であるエリスロポエチン製剤はキリンの「エスポー」と中外製薬の「エポジン」がある。薬価ベースで約1400億円の大型市場を形成しているが、中外の「エポジン」がシェア争いでは優位に立っており、国内の7割のシェアを押さえているとも言われている。

 NESPは米国Amgen社の製品で、EPOの誘導体。天然型のEPOと比べN結合型糖鎖が2本多く結合している。作用機構は天然型と同じだ。EPO受容体に結合して造血を促進する。糖鎖が増加したため、血中半減期は天然型EPOの3倍に延長した。その結果、EPOに比べて投与頻度を少なくできる。NESPは欧米では既に発売され、EPOからの切り替えが進んでいる。中外もポリエチレングリコールを結合させて体内での安定性を増したEPOの臨床試験を進めている。

 わが国でNESPがキリンのシェア回復にどの程度貢献するか、注目される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:367
  2. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:8
  3. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:232
  4. 小型植え込み心電計が小型すぎてヤバい 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:226
  5. 意識の高い大学は新「大学入学共通テスト」をどう見… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:2
  6. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:10
  7. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:6
  8. 低体重者のOGTT、血糖上昇は生理的反応を含む 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:2
  9. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:10
  10. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26