2005.08.11

エリスロポエチン市場のシェア変更なるか、キリンが長時間作用型製剤を申請

 キリンビールは、第2世代エリスロポエチン製剤「KRN321」(NESP)の申請を2005年前半に行ったことをこのほど明らかにした。申請した対象疾患は腎性貧血で、がん性貧血を対象にフェーズ2臨床試験もキリンは進めている。

 赤血球を増やすたんぱく質医薬品であるエリスロポエチン製剤はキリンの「エスポー」と中外製薬の「エポジン」がある。薬価ベースで約1400億円の大型市場を形成しているが、中外の「エポジン」がシェア争いでは優位に立っており、国内の7割のシェアを押さえているとも言われている。

 NESPは米国Amgen社の製品で、EPOの誘導体。天然型のEPOと比べN結合型糖鎖が2本多く結合している。作用機構は天然型と同じだ。EPO受容体に結合して造血を促進する。糖鎖が増加したため、血中半減期は天然型EPOの3倍に延長した。その結果、EPOに比べて投与頻度を少なくできる。NESPは欧米では既に発売され、EPOからの切り替えが進んでいる。中外もポリエチレングリコールを結合させて体内での安定性を増したEPOの臨床試験を進めている。

 わが国でNESPがキリンのシェア回復にどの程度貢献するか、注目される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0