2005.08.11

エリスロポエチン市場のシェア変更なるか、キリンが長時間作用型製剤を申請

 キリンビールは、第2世代エリスロポエチン製剤「KRN321」(NESP)の申請を2005年前半に行ったことをこのほど明らかにした。申請した対象疾患は腎性貧血で、がん性貧血を対象にフェーズ2臨床試験もキリンは進めている。

 赤血球を増やすたんぱく質医薬品であるエリスロポエチン製剤はキリンの「エスポー」と中外製薬の「エポジン」がある。薬価ベースで約1400億円の大型市場を形成しているが、中外の「エポジン」がシェア争いでは優位に立っており、国内の7割のシェアを押さえているとも言われている。

 NESPは米国Amgen社の製品で、EPOの誘導体。天然型のEPOと比べN結合型糖鎖が2本多く結合している。作用機構は天然型と同じだ。EPO受容体に結合して造血を促進する。糖鎖が増加したため、血中半減期は天然型EPOの3倍に延長した。その結果、EPOに比べて投与頻度を少なくできる。NESPは欧米では既に発売され、EPOからの切り替えが進んでいる。中外もポリエチレングリコールを結合させて体内での安定性を増したEPOの臨床試験を進めている。

 わが国でNESPがキリンのシェア回復にどの程度貢献するか、注目される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256