2005.08.10

コーセー、“赤い美容液”を発売へ アスタキサンチンを高濃度配合、シミやたるみ対策に

 コーセーは赤い色素カロテノイドの一種である「アスタキサンチン」を配合した美容液を今年秋に発売する。これに先立ち、アスタキサンチンを高濃度で安定的に配合する新技術を確立、今年に入って特許を申請した。

 アスタキサンチンはカニなどの甲殻類や鮭、オキアミなどに多く含まれている。肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを変性させ、シワやたるみなどを引き起こす一重項酸素(活性酸素の一種)の消去能力が強い。このため、肌のアンチエイジングに有効な成分として化粧品業界が注目している。しかし、時間が経つとすぐに分解してしまうという不安定さがネックになって、実際の商品化はあまり進んでいなかった。

 コーセーは、アスタキサンチンに早くから着目。「ビタミンEやコエンザイムQ10、β(ベータ)カロテンといった代表的な抗酸化成分と比較しても一重項酸素の消去能力が抜群に高く、しかも安全性が高い」(コーセー研究本部・基盤技術研究室の水谷友紀研究員)として、1994年に一重項酸素の検出装置を世界で始めて開発するなど、研究を重ねてきた。

 特許申請した新技術は、アスタキサンチンを、ポリフェノールの一種である「ルチン」と組み合わせて配合するもの。アスタキサンチン単体を配合した製剤と、ルチンとともに配合した製剤を放置する実験を行った。すると、アスタキサンチン残存量は単体では翌日に30.4%、3日目には89%減り、14日後には残っていなかった。しかし、ルチンとともに配合した製剤は、14日経っても3.4%減にとどまったという。

 同社は今後、基礎化粧品を中心に、新技術を使った商品を順次発表していく予定だ。商品化第1弾として秋に発売される美容液は、橙色に近い鮮やかな赤色で、見た目にも相当なインパクトがある。「色の濃さで分かるように、従来のアスタキサンチン配合化粧品の100倍近い濃度を配合した」とコーセー研究本部・第二開発研究所の内藤昇所長は話す。(蓬莱明子、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2