2005.08.10

コーセー、“赤い美容液”を発売へ アスタキサンチンを高濃度配合、シミやたるみ対策に

 コーセーは赤い色素カロテノイドの一種である「アスタキサンチン」を配合した美容液を今年秋に発売する。これに先立ち、アスタキサンチンを高濃度で安定的に配合する新技術を確立、今年に入って特許を申請した。

 アスタキサンチンはカニなどの甲殻類や鮭、オキアミなどに多く含まれている。肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを変性させ、シワやたるみなどを引き起こす一重項酸素(活性酸素の一種)の消去能力が強い。このため、肌のアンチエイジングに有効な成分として化粧品業界が注目している。しかし、時間が経つとすぐに分解してしまうという不安定さがネックになって、実際の商品化はあまり進んでいなかった。

 コーセーは、アスタキサンチンに早くから着目。「ビタミンEやコエンザイムQ10、β(ベータ)カロテンといった代表的な抗酸化成分と比較しても一重項酸素の消去能力が抜群に高く、しかも安全性が高い」(コーセー研究本部・基盤技術研究室の水谷友紀研究員)として、1994年に一重項酸素の検出装置を世界で始めて開発するなど、研究を重ねてきた。

 特許申請した新技術は、アスタキサンチンを、ポリフェノールの一種である「ルチン」と組み合わせて配合するもの。アスタキサンチン単体を配合した製剤と、ルチンとともに配合した製剤を放置する実験を行った。すると、アスタキサンチン残存量は単体では翌日に30.4%、3日目には89%減り、14日後には残っていなかった。しかし、ルチンとともに配合した製剤は、14日経っても3.4%減にとどまったという。

 同社は今後、基礎化粧品を中心に、新技術を使った商品を順次発表していく予定だ。商品化第1弾として秋に発売される美容液は、橙色に近い鮮やかな赤色で、見た目にも相当なインパクトがある。「色の濃さで分かるように、従来のアスタキサンチン配合化粧品の100倍近い濃度を配合した」とコーセー研究本部・第二開発研究所の内藤昇所長は話す。(蓬莱明子、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146