2005.08.10

メディビック、膵臓がんを対象とした抗がん剤の臨床開発に着手

 メディビック(東京都千代田区)は8月8日、米バイオベンチャーのThreshold Pharmaceuticals社(米カリフォルニア州)と共同で開発を進めている抗がん剤の国内における臨床開発に着手すると2005年発表した。この抗がん剤は、膵臓がんを対象としたもので、2006年上半期内に日本での臨床試験を開始するとしている。

 メディビックは昨年、Threshold社と日本を含むアジア地域において抗がん剤Glufosfamideの開発、販売を行うための共同開発契約を結んでいた。メディビックはこれに基づいて、Threshold社と共同開発委員会を設立し、抗がん剤Glufosfamideの開発計画に合意した。

 Gufosfamideは、アルキル化剤の活性化合物とグルコースが結合した低分子化合物。腫瘍細胞では正常細胞と比べて糖の必要性が高まっていることから、糖鎖を有するGlufosfamideは、選択的に腫瘍組織に移行する。Glufosfamideは腫瘍細胞に取り込まれると、細胞内でグルコースとアルキル化剤活性化合物に分かれ、抗腫瘍活性を示すという。

 膵臓がんは日本において、肺がん、胃がん、結腸がん、肝臓がんに次いで5番目に死亡者の多いがん。日本国内には膵臓がんに有効な治療薬は非常に少ないのが現状で、生存率は2〜3%と極めて低い。Glufosfamideは、米国では単剤によるフェーズ3、併用治療によるフェーズ1/2臨床試験が既に実施されている。日本ではフェーズ1から始めるという。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正