2005.08.10

メディビック、膵臓がんを対象とした抗がん剤の臨床開発に着手

 メディビック(東京都千代田区)は8月8日、米バイオベンチャーのThreshold Pharmaceuticals社(米カリフォルニア州)と共同で開発を進めている抗がん剤の国内における臨床開発に着手すると2005年発表した。この抗がん剤は、膵臓がんを対象としたもので、2006年上半期内に日本での臨床試験を開始するとしている。

 メディビックは昨年、Threshold社と日本を含むアジア地域において抗がん剤Glufosfamideの開発、販売を行うための共同開発契約を結んでいた。メディビックはこれに基づいて、Threshold社と共同開発委員会を設立し、抗がん剤Glufosfamideの開発計画に合意した。

 Gufosfamideは、アルキル化剤の活性化合物とグルコースが結合した低分子化合物。腫瘍細胞では正常細胞と比べて糖の必要性が高まっていることから、糖鎖を有するGlufosfamideは、選択的に腫瘍組織に移行する。Glufosfamideは腫瘍細胞に取り込まれると、細胞内でグルコースとアルキル化剤活性化合物に分かれ、抗腫瘍活性を示すという。

 膵臓がんは日本において、肺がん、胃がん、結腸がん、肝臓がんに次いで5番目に死亡者の多いがん。日本国内には膵臓がんに有効な治療薬は非常に少ないのが現状で、生存率は2〜3%と極めて低い。Glufosfamideは、米国では単剤によるフェーズ3、併用治療によるフェーズ1/2臨床試験が既に実施されている。日本ではフェーズ1から始めるという。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25