2005.08.10

メディビック、膵臓がんを対象とした抗がん剤の臨床開発に着手

 メディビック(東京都千代田区)は8月8日、米バイオベンチャーのThreshold Pharmaceuticals社(米カリフォルニア州)と共同で開発を進めている抗がん剤の国内における臨床開発に着手すると2005年発表した。この抗がん剤は、膵臓がんを対象としたもので、2006年上半期内に日本での臨床試験を開始するとしている。

 メディビックは昨年、Threshold社と日本を含むアジア地域において抗がん剤Glufosfamideの開発、販売を行うための共同開発契約を結んでいた。メディビックはこれに基づいて、Threshold社と共同開発委員会を設立し、抗がん剤Glufosfamideの開発計画に合意した。

 Gufosfamideは、アルキル化剤の活性化合物とグルコースが結合した低分子化合物。腫瘍細胞では正常細胞と比べて糖の必要性が高まっていることから、糖鎖を有するGlufosfamideは、選択的に腫瘍組織に移行する。Glufosfamideは腫瘍細胞に取り込まれると、細胞内でグルコースとアルキル化剤活性化合物に分かれ、抗腫瘍活性を示すという。

 膵臓がんは日本において、肺がん、胃がん、結腸がん、肝臓がんに次いで5番目に死亡者の多いがん。日本国内には膵臓がんに有効な治療薬は非常に少ないのが現状で、生存率は2〜3%と極めて低い。Glufosfamideは、米国では単剤によるフェーズ3、併用治療によるフェーズ1/2臨床試験が既に実施されている。日本ではフェーズ1から始めるという。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65