2005.08.10

メディビック、膵臓がんを対象とした抗がん剤の臨床開発に着手

 メディビック(東京都千代田区)は8月8日、米バイオベンチャーのThreshold Pharmaceuticals社(米カリフォルニア州)と共同で開発を進めている抗がん剤の国内における臨床開発に着手すると2005年発表した。この抗がん剤は、膵臓がんを対象としたもので、2006年上半期内に日本での臨床試験を開始するとしている。

 メディビックは昨年、Threshold社と日本を含むアジア地域において抗がん剤Glufosfamideの開発、販売を行うための共同開発契約を結んでいた。メディビックはこれに基づいて、Threshold社と共同開発委員会を設立し、抗がん剤Glufosfamideの開発計画に合意した。

 Gufosfamideは、アルキル化剤の活性化合物とグルコースが結合した低分子化合物。腫瘍細胞では正常細胞と比べて糖の必要性が高まっていることから、糖鎖を有するGlufosfamideは、選択的に腫瘍組織に移行する。Glufosfamideは腫瘍細胞に取り込まれると、細胞内でグルコースとアルキル化剤活性化合物に分かれ、抗腫瘍活性を示すという。

 膵臓がんは日本において、肺がん、胃がん、結腸がん、肝臓がんに次いで5番目に死亡者の多いがん。日本国内には膵臓がんに有効な治療薬は非常に少ないのが現状で、生存率は2〜3%と極めて低い。Glufosfamideは、米国では単剤によるフェーズ3、併用治療によるフェーズ1/2臨床試験が既に実施されている。日本ではフェーズ1から始めるという。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:34
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:157
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:38
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:95
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:76
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:25
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正