2005.08.09

アイロムとLTTバイオファーマ、アンチエイジングクリニックを共同展開へ 年度内めどに第1号施設を東京都内に開設

 アイロム(本社:東京都品川区)とLTTバイオファーマ(本社:東京都港区)は8月9日、抗加齢(アンチエイジング)などの事業における業務提携契約を締結することで合意したと発表した。

 業務提携の第1弾として、今年度内をめどに、抗加齢医療、がんを含む生活習慣病に対する医療、美容やダイエットに関わる施術などを行う内科や美容皮膚科などを併設したクリニックモールを東京都内に開設する。開設場所などは「選定中」という。

 アイロムはSMO(治験施設支援機関)事業、クリニックモールの運営などを行っている。一方、LTTバイオファーマは薬物送達型(DDS)医薬品の研究開発をメインに行っている。両社は、個々が持つノウハウや強み、医師とのネットワークなどを相互活用することで効率的な事業展開を狙う。検討段階ではあるが合弁会社設立なども視野に入れているという。(星野康)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1