2005.08.09

協和メデックス、アステラス製薬から尿検査用試験紙「ウロピースS」の販売事業承継、POCTの強化に

 協和メデックスは8月9日、アステラス製薬の体外診断用医薬品である尿検査用試験紙「ウロピースS」シリーズの販売事業を10月1日以降、承継すると発表した。

 アステラス製薬は治療薬事業への集中化を進めており、事業承継はその一環になる。一方、協和メデックスは臨床現場で検査を行うPOCT(Point Of Care Testing)事業の強化を進めているが、尿試験紙検査は弱く、アステラスから承継することで一気に強化できることになる。「ウロピースS」シリーズの年間売り上げは4億円ある。

 「ウロピースS」シリーズは、尿中のウロビリノーゲン、たんぱく質、潜血など最大9項目を30秒で同時測定でき(白血球は60〜120秒)、しかも、色調判断が容易だという。また、ビタミンCの妨害を受けにくく、偽陰性が少ない。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43