2005.08.09

【編集委員の視点】ブログが作る新しい医師−患者関係

 Medwave読者で自分の“ブログ”を持っている人はどのくらいいるのだろうか。総務省「情報フロンティア研究会」の報告書によれば、今年3月時点における国内のブログ利用者数は延べ約335万人、ブログ閲覧者数は約1651万人に上るという。2年後の2007年3月末には、それぞれ約782万人、約3455万人に達すると推測されており、まさに爆発的に普及しつつあるといえる。近い将来、初対面の人と名刺交換する代わりに、ブログのアドレスを交換するのが当たり前になるかもしれない。

 自分の考え、感じたことを気軽に書き込むことができ、他人(会ったことのない人も含めて)の書き込みに賛同したり意見を書いたりできるブログは、ネット上に新しい人間関係を作りつつあると思う。これまで「治療を施す人」と「治療を受ける人」とにきっちりと役割分担されてきた医師−患者関係も例外ではない。

 慶應義塾大学看護医療学部教授の加藤眞三さんが最近立ち上げた「MELIT(Medical Literacy For Patients)」というWebサイトは、ブログを用いた医師と患者の対話が特徴だ。加藤さんは肝臓病が専門の医師で、患者向け「肝臓病教室」を多くの病院に広める活動をしている。各地の肝臓病教室で使われている教材を共有できるようにしたいとの思いからWebサイトを立ち上げたところ、それを見て連絡をくれた医師や患者が自分のブログを公開するようになり、ネット上の対話が自然発生的に始まった。

 今のところ、医師は加藤さんをはじめ6人、患者は7人。患者の中には、地域で患者会活動を行っている人や、肝臓移植を経験した人もいる。長年の臨床経験を持つ加藤さんだが、患者の書き込みを読んで改めて気付くことが少なくないという。そして、医師と患者がブログというメディアを介して意見を交換することにより、互いの立場がよりいっそう理解でき、信頼が増すことを実感している。

 ブログにはまた、患者同士のセルフ・ヘルプ(自助)機能もありそうだ。加藤さんは「病気になったばかりの患者にとって、先輩患者のブログを読むことが、病気についての正しい知識の習得や不安解消に役立つはず」と期待している。(すず)


総務省「情報フロンティア研究会」報告書は、総務省ホームページのこちらのURLからPDFファイルをダウンロードできる。
http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050628_7.html

MELIT(Medical Literacy For Patients)のURLは次のとおり。
http://www.melit.jp/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
  2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
  6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
  7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
  9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
  10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正