2005.08.09

アイビー化粧品と北里大、生薬から肌荒れ防ぐ成分発見 皮膚炎症起こすIL-8産生を抑制

 アイビー化粧品は8月5日、北里大学との共同研究により、生薬の一種である「紫梗(しこう)」の粉末や抽出成分に、皮膚各種炎症反応の原因の一つと考えられているインターロイキン8(IL-8)の産生抑制作用があることを見出したと発表した。現在、同社はこの成果をもとに、肌荒れを改善する皮膚外用剤として特許出願中だ。製品化までには1年以上を要するという。

 この成果により、化粧品原料やアレルギー物質、紫外線、環境ストレスなどによる敏感肌、皮膚バリヤー機能が低下した肌対応に、紫梗の成分が含まれた肌荒れ改善皮膚外用薬を提供できるとアイビー化粧品はしている。

 紫梗は、「花没薬(はなもつやく)」とも呼ばれ、カイガラムシ科のラックカイガラムシが樹木に分泌した膠物質である。古来、漢方薬として用いられており、消炎・解熱作用や解毒の効能が知られている。IL-8(白血球遊走・活性化因子)は、細菌・ウイルスなどの感染、アレルゲン、紫外線や物理化学的刺激により活性化された皮膚ケラチノサイト(表皮を構成する主な細胞)によって産生される各種炎症性サイトカイン(細胞間情報伝達物質)のひとつ。炎症発現の誘発物質として知られている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5