2005.08.09

アイビー化粧品と北里大、生薬から肌荒れ防ぐ成分発見 皮膚炎症起こすIL-8産生を抑制

 アイビー化粧品は8月5日、北里大学との共同研究により、生薬の一種である「紫梗(しこう)」の粉末や抽出成分に、皮膚各種炎症反応の原因の一つと考えられているインターロイキン8(IL-8)の産生抑制作用があることを見出したと発表した。現在、同社はこの成果をもとに、肌荒れを改善する皮膚外用剤として特許出願中だ。製品化までには1年以上を要するという。

 この成果により、化粧品原料やアレルギー物質、紫外線、環境ストレスなどによる敏感肌、皮膚バリヤー機能が低下した肌対応に、紫梗の成分が含まれた肌荒れ改善皮膚外用薬を提供できるとアイビー化粧品はしている。

 紫梗は、「花没薬(はなもつやく)」とも呼ばれ、カイガラムシ科のラックカイガラムシが樹木に分泌した膠物質である。古来、漢方薬として用いられており、消炎・解熱作用や解毒の効能が知られている。IL-8(白血球遊走・活性化因子)は、細菌・ウイルスなどの感染、アレルゲン、紫外線や物理化学的刺激により活性化された皮膚ケラチノサイト(表皮を構成する主な細胞)によって産生される各種炎症性サイトカイン(細胞間情報伝達物質)のひとつ。炎症発現の誘発物質として知られている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198