2005.08.07

【日本遺伝子診療学会速報】 計算・計量化と啓発・教育化が遺伝子診療の今後の新たな課題と指摘

 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授の新川詔夫氏は遺伝子診療の今後の新たな課題として、計算・計量化と啓発・教育化の2つを挙げた。8月5日に長野県松本市で開催された日本遺伝子診療学会の特別講演「わが国の遺伝医学の現状と課題」の中で、指摘したものだ。

 新川氏は計算・計量化については、ゲノムインフォマティクス、インターネットでの情報共有化、遺伝性疾患データベースの構築、多因子性疾患解明で重要になる量的形質への積極的アプローチが必要になるとした。一方、啓発・教育化については、小学校、中学校を含めた学校における遺伝子学教育、医科大学における遺伝医学・遺伝子学教育の充実と国家試験出題が必要になるとした。

 遺伝子医療が着実に市民権を得つつあり、医療に関わる医師が増えている一方で、国民の知識が増えておらず、自己決定できない場合があり、今後、問題になると指摘したものだ。また大学教育の場で、遺伝病患者に対する差別意識払拭のためにヒト遺伝子の多様性を教えることや遺伝情報が持つ、従来の医療情報と異なる特殊性を教えることなどが必要とした。

 新川氏は日本の遺伝子診療について、医療化、分子化、国際化、社会化、ビジネス化の5つの側面から現状を解説した。院内措置による遺伝子診療部設置が一般化していることや、試料を提供する協力者と研究者をつなぐゲノム・メディカルリサーチコーディネーター認定制度の動きが始まっていることなどを説明した。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96