2005.08.07

【日本遺伝子診療学会速報】 計算・計量化と啓発・教育化が遺伝子診療の今後の新たな課題と指摘

 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授の新川詔夫氏は遺伝子診療の今後の新たな課題として、計算・計量化と啓発・教育化の2つを挙げた。8月5日に長野県松本市で開催された日本遺伝子診療学会の特別講演「わが国の遺伝医学の現状と課題」の中で、指摘したものだ。

 新川氏は計算・計量化については、ゲノムインフォマティクス、インターネットでの情報共有化、遺伝性疾患データベースの構築、多因子性疾患解明で重要になる量的形質への積極的アプローチが必要になるとした。一方、啓発・教育化については、小学校、中学校を含めた学校における遺伝子学教育、医科大学における遺伝医学・遺伝子学教育の充実と国家試験出題が必要になるとした。

 遺伝子医療が着実に市民権を得つつあり、医療に関わる医師が増えている一方で、国民の知識が増えておらず、自己決定できない場合があり、今後、問題になると指摘したものだ。また大学教育の場で、遺伝病患者に対する差別意識払拭のためにヒト遺伝子の多様性を教えることや遺伝情報が持つ、従来の医療情報と異なる特殊性を教えることなどが必要とした。

 新川氏は日本の遺伝子診療について、医療化、分子化、国際化、社会化、ビジネス化の5つの側面から現状を解説した。院内措置による遺伝子診療部設置が一般化していることや、試料を提供する協力者と研究者をつなぐゲノム・メディカルリサーチコーディネーター認定制度の動きが始まっていることなどを説明した。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25