2005.08.07

【日本遺伝子診療学会速報】 α1,4-N-GlcNac糖鎖が新たなピロリ治療薬になる可能性、合成酵素は膵臓がんのマーカーに

 信州大学医学部病理組織学講座教授の中山淳氏らの研究グループは、糖鎖であるα1,4-N-アセチルグルコサミン(α1,4-N-GlcNac)がピロリ菌の新しい治療薬になる可能性を見出した。また、α1,4-N-GlcNacを合成する酵素であるα4GnTのmRNAの測定がCEAなど他の腫瘍マーカーと組み合わせ、膵臓がんのスクリーニング検査に利用できる可能性を見出した。すでに国内の診断薬企業と共同研究を始めているという。これらの成果は8月5日に長野県松本市で開催された日本遺伝子診療学会で発表された。

 α1,4-N-GlcNacが胃の腺粘液から分泌される。一方、ピロリ菌は胃の表層粘液に存在するが、α1,4-N-GlcNacがある腺粘液には存在しない。中山氏らは、遺伝子組み換え技術を用いて生産したα1,4-N-GlcNacがピロリ菌の増殖や運動能を抑制することを確認した。

 さらに、α1,4-N-GlcNacがピロリ菌の細胞壁にあるコレステリル-α-D-グルコピラノシド(CGL)の合成を阻害している可能性を見出した。α1,4-N-GlcNacとCGLは構造的に類似しており、コレステロールからCGLを合成する酵素を阻害して効果を発揮するという。

 中山氏らは、現在α4GnTのノックアウトマウスとトランスジェニックマウスを作製して、in vivoにおける効果を調べている。安価な製造法が開発できれば、新しいピロリ菌治療薬になる可能性があると中山氏は話している。

 一方、中山氏らは、膵臓がん患者55人、慢性膵炎患者10人、健常人70人を対象に、末梢血の有核成分から定量RT−PCR法でα4GnTのmRNAを測定した。その結果、膵臓がん患者の76.4%、膵炎患者の40.0%、健常人の17.1%で検出され、発現量は膵炎患者、健常人に比べて膵臓がん患者で有意に高いことを見出した。また、腫瘍マーカーのCEAやCA19-9で検出されない臨床病期は早期の膵臓がん患者でもα4GnTが検出できることを確認した。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11