2005.08.05

遺伝子診療学会が信州大学で開幕、多分野の関係者が集結

 第12回日本遺伝子診療学会大会が8月5日、長野県松本市の信州大学で始まった。

 大会会長の信州大学医学部社会予防医学講座遺伝医学分野教授の福嶋義光氏は、開会の挨拶で、大学病院以外の医療機関でも適切な遺伝医療を実施できる体制が求められるようになったことを説明、基礎研究者から遺伝子情報を扱う人、検査に携わる人など遺伝子診療に関わる多分野の関係者が集まるこの学会での活発な議論への期待を明らかにした。

 学会は8月6日まで。基礎研究から社会的なテーマまでの幅広い分野で56件の演題が発表される。(横山勇生)氏






Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22