2005.08.05

遺伝子診療学会が信州大学で開幕、多分野の関係者が集結

 第12回日本遺伝子診療学会大会が8月5日、長野県松本市の信州大学で始まった。

 大会会長の信州大学医学部社会予防医学講座遺伝医学分野教授の福嶋義光氏は、開会の挨拶で、大学病院以外の医療機関でも適切な遺伝医療を実施できる体制が求められるようになったことを説明、基礎研究者から遺伝子情報を扱う人、検査に携わる人など遺伝子診療に関わる多分野の関係者が集まるこの学会での活発な議論への期待を明らかにした。

 学会は8月6日まで。基礎研究から社会的なテーマまでの幅広い分野で56件の演題が発表される。(横山勇生)氏






Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25