2005.08.04

NIHグループが糖尿病関連遺伝子を同定、一つはトレハラーゼ

 米国立衛生研究所(NIH)の下部機関のひとつである米国立糖尿病消化器腎疾患研究所のLeslie J.Baier氏らは、アメリカ先住民であるPima Indiansから得た遺伝子試料を解析して、2型糖尿病と肥満に関連する遺伝子の同定に成功した。同定した遺伝子はトレハラーゼで、研究グループは酵素活性を測定することが、糖尿病の発症予測に利用できるかどうか、現在調べているところだという。成果は8月3日から4日に山形市で開催された第25回札幌がんセミナー国際がんシンポジウムで発表された。

 Pima Indiansは80%以上が肥満で、35歳以上の50%以上が2型糖尿病となるとされている。Baier氏らは、966人の兄弟を含む264家族の遺伝子情報をもとに、肥満と糖尿病に関する遺伝子のポジショナルクローニングを行った。ポジショナルクローニングは、染色体上に存在する多数の遺伝子マーカーを基に疾患に関連した遺伝子領域を同定していく方法だ。

 Baier氏は肥満と2型糖尿病に関連する遺伝子が存在する領域として、11q23-24と1q21-24という染色体上の領域を同定した。11q23-24には、一塩基多型(SNP)が特に多く存在する領域が存在し、研究グループはそれぞれBIG1とBIG2と領域に名をつけた。BIG1をさらに解析したところ、トレハラーゼをコードしている遺伝子に変異が多いことを見い出した。1989年には別の研究グループが血中のトレハラーゼ活性が糖尿病と関係があることを報告していた。一方、BIG2には転写調節領域があったものの特に遺伝子は存在していなかった。Baier氏はBIG2領域はエンハンサーとして働いているのではないかと推測していた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449