2005.08.04

NIHグループが糖尿病関連遺伝子を同定、一つはトレハラーゼ

 米国立衛生研究所(NIH)の下部機関のひとつである米国立糖尿病消化器腎疾患研究所のLeslie J.Baier氏らは、アメリカ先住民であるPima Indiansから得た遺伝子試料を解析して、2型糖尿病と肥満に関連する遺伝子の同定に成功した。同定した遺伝子はトレハラーゼで、研究グループは酵素活性を測定することが、糖尿病の発症予測に利用できるかどうか、現在調べているところだという。成果は8月3日から4日に山形市で開催された第25回札幌がんセミナー国際がんシンポジウムで発表された。

 Pima Indiansは80%以上が肥満で、35歳以上の50%以上が2型糖尿病となるとされている。Baier氏らは、966人の兄弟を含む264家族の遺伝子情報をもとに、肥満と糖尿病に関する遺伝子のポジショナルクローニングを行った。ポジショナルクローニングは、染色体上に存在する多数の遺伝子マーカーを基に疾患に関連した遺伝子領域を同定していく方法だ。

 Baier氏は肥満と2型糖尿病に関連する遺伝子が存在する領域として、11q23-24と1q21-24という染色体上の領域を同定した。11q23-24には、一塩基多型(SNP)が特に多く存在する領域が存在し、研究グループはそれぞれBIG1とBIG2と領域に名をつけた。BIG1をさらに解析したところ、トレハラーゼをコードしている遺伝子に変異が多いことを見い出した。1989年には別の研究グループが血中のトレハラーゼ活性が糖尿病と関係があることを報告していた。一方、BIG2には転写調節領域があったものの特に遺伝子は存在していなかった。Baier氏はBIG2領域はエンハンサーとして働いているのではないかと推測していた。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1