2005.08.04

日産化学と帝人ファーマ、新作用機序の心房細動薬の共同開発で合意

 日産化学工業と帝人ファーマは8月4日、日産化学工業が創製した心房細動および粗動の治療薬、予防薬の候補化合物について、共同開発を行うことで基本合意したと発表した。細部についての協議を既に開始しているという。

 共同開発を開始する新規候補化合物は、新しい作用機序で心房細動を抑制する。心房に選択的に作用し、心室への影響が少ないと期待されているという。

 日産化学は契約一時金、開発段階に応じたマイルストン、売上高に応じたロイヤリティを帝人ファーマから得ることになる。一方、帝人ファーマは日本における共同開発権と独占的製剤製造・販売権を取得する。原薬は日産化学が製造・供給する。海外における事業化については、臨床試験でプルーフオブコンセプト(開発段階にある新薬の臨床上の有効性を検証すること)が確認された段階で、両社で協議する予定だ。2007年にフェーズ1臨床試験を開始する計画だ。

 両社の発表によると、心房細動の患者数は、国内で約125万人、米国で約220万人。65歳以上の高齢者の約5%に心房細動の症状があるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1