2005.08.03

武田薬品、フリードライヒ失調症薬の海外開発で提携

 武田薬品工業は8月3日、スイスSanthera Pharmaceuticals社に自社開発した製剤であるイデベノン(開発コードSNT−MC17)についてフリードライヒ失調症治療薬としての欧米での共同開発・販売を行う契約を締結したと発表した。

 契約では、Santhera社が欧米におけるイデベノンの開発と販売許可の取得を行う。武田薬品はこれまでに米国で実施したイデベノンの非臨床試験成績(主に長期毒性試験成績)の使用権をSanthera社に供与する。また、武田薬品はSanthera社に契約一時金500万ユーロを支払うとともに、欧州での開発段階に応じたマイルストンや売上高に応じたロイヤルティを支払う。イデベノンの販売は、欧州は武田が、米国はSanthera社が担当し、製品の供給はSanthera社が行う。イデベノンは、欧米で近くフェーズ3に入る予定。

 フリードライヒ失調症は脊髄小脳変性症の一つとして知られている遺伝性疾患。発症率は約4万人に1人という稀少疾患で、10歳前後で発症し、歩行障害、会話障害、足変形、脊柱彎曲、眼振、四肢筋脱力および萎縮などを示す緩徐進行性の疾患。根治療法はなく対症療法が現在の治療の中心だ。1999年にフランスの臨床医により、イデベノンのフリードライヒ失調症に対する有効性が発表された。その後、フランスで医師主導による臨床試験が実施され、有効性を示す成績が報告され、フランス厚生省は、特別措置としてイデベノンのフリードライヒ失調症への投与を認めている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3