2005.08.03

のむ育毛剤「プロペシア」発売近づく

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は7月29日、万有製薬の経口型育毛剤「プロペシア錠1」と「同0.2mg」の輸入承認を了承した。最終的な承認の日程や発売価格などは、まだ決まっていない。

 プロペシア錠の成分は「フィナステリド」。前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品だが、副作用として異常発毛があった。

 脱毛には男性ホルモンが関与している。フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑えることで脱毛しにくくする働きがある。万有製薬によると、額部分の生え際と頭頂部の脱毛を抑える効果がある。ただし、側頭部の脱毛には効果がないという。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4