2005.08.03

のむ育毛剤「プロペシア」発売近づく

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は7月29日、万有製薬の経口型育毛剤「プロペシア錠1」と「同0.2mg」の輸入承認を了承した。最終的な承認の日程や発売価格などは、まだ決まっていない。

 プロペシア錠の成分は「フィナステリド」。前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品だが、副作用として異常発毛があった。

 脱毛には男性ホルモンが関与している。フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑えることで脱毛しにくくする働きがある。万有製薬によると、額部分の生え際と頭頂部の脱毛を抑える効果がある。ただし、側頭部の脱毛には効果がないという。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:331
  2. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:5
  3. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  4. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:62
  5. コミュニケーションの意外なきっかけ!! 病院珍百景 FBシェア数:21
  6. 出題形式、合否基準を熟知すると攻略法が見えてくる 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:30
  7. 整腸剤は保管しやすいミヤBMがお薦め 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:218
  8. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:87
  9. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:32
  10. 新専門医制度で専攻医の地域偏在は助長された? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-5》 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正