2005.08.02

米FDA、黒人限定の心不全薬を認可、個別化医療へ一歩前進

 人種の違いによる薬の効果の差を臨床試験で確認した薬が、米国で初めて登場する。米食品医薬品局(FDA)は6月23日、米NitroMed社が申請していた黒人患者の心不全治療薬「BiDil」の販売を認可したことを発表した。

 認可は、米国に住む黒人を対象にした臨床試験African-American Heart Failure Trial(A-HeFT)の結果などに基づいて実施された。人種で分けない一般的な臨床試験では、重度心不全患者に対する「BiDil」の有効性は確認されなかったが、黒人に限定すると有効性を示す可能性が示唆されたため、A-HeFTが行われた。

 既に最適の治療を受けている重度の心不全黒人患者1050人を対象にした同試験の結果、「BiDil」の投与を受けた患者では、対照群と比べて死亡率が43%、入院期間が39%減少し、心不全の症状緩和も確認された。なお、「BiDil」は、どちらも心不全の治療用としては認められていない古い薬剤であるhydralazineとisosorbideの合剤だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0