2005.08.02

【欧州高血圧学会速報】高血圧のある狭心症患者でCa拮抗薬が心血管イベント予防に有効 ACTIONスタディのサブ解析結果が発表

 高血圧のある狭心症患者では、循環器イベントの合併を予防するのに長時間作用型のカルシウム拮抗薬が有効のようだ。心不全の新規発症が38%減少、後遺症を伴う脳卒中は33%減少、一過性脳虚血発作(TIA)が28%減少、などのデータが得られた。これは、狭心症患者を対象とした大規模無作為比較試験であるACTIONの層別解析の結果に基づくもので、欧州高血圧学会(ESH)のサテライトシンポジウムで発表された。

 ACTIONはA Coronary disease Trial Investigating Outcome with Nifedipine GITSの頭文字をとったもの。すでに治療を受けている安定狭心症患者に、長時間作用型のニフェジピンを追加することによって予後を改善できるかどうか、プラセボを対象に比較した。7665例をニフェジピン群3825例、プラセボ群3840例に割り付け、平均4.9年追跡している。

 試験の開始時点で、患者の99%は抗狭心症薬による治療を受けており、そのほか、アスピリン86%、β遮断薬80%、脂質低下薬68%、ACE阻害薬20%を服用していた、多くの患者が複数の薬による治療を受けていたことになる。併用する薬の種類を増やすことには、新たな治療効果を期待できる反面、予期せぬ副作用や相互作用の可能性も増える。そのため有効性と安全性の両面から評価された。

 プラセボ群と比較して、全死亡や脳血管・心血管イベントの発生に関するハザード比は1.01(95%信頼区間0.90-1.14)で、ニフェジピン群で死亡や副作用は増えていないという結論だった。有効性に関しては、心不全で有意差が見られ(ハザード比0.71、95%信頼区間0.54-0.94)、新規発症を29%抑制したというデータが得られている。ここまでは既にミュンヘンで開催された昨年のESHで報告されている。

 今年の発表は高血圧を合併している群に注目したものだ。7665例のうち登録時に高血圧(140/90mmHg以上、糖尿病合併患者では130/80mmHg以上)だったのは3977例。この中で1975例のニフェジピン群と2002例のプラセボ群を比較し、層別のデータを解析した。

 その結果が冒頭に示した数字である。残念ながら心血管イベントに関連しない死亡例が、ニフェジピン群にわずかに多く、総死亡率を減らすには至らなかったが、心不全や脳卒中に関してはいずれも95%信頼区間が1.0を下回っており、統計的に有意なデータであった。発表者の1人で英国インペリアル大学教授のフィリップ・プールウィルソン氏は、「降圧効果に加え、ニフェジピンには血管保護作用があり、こうした結果をもたらしたのではないか」と推測している。(平田尚弘、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239