2005.08.02

テルモと田辺製薬が高カロリー輸液「フルカリック」に大容量タイプを追加、1日1袋での点滴も可能 

 テルモと田辺製薬は8月1日、高カロリー輸液「フルカリック」の1日1袋での点滴も可能な大容量タイプを、全国の医療機関向けに7月20日から両社による並行販売を開始したことを発表した。

「フルカリック」は総合ビタミン、糖、アミノ酸、電解質を3室に分け、世界で初めて1つのバッグに配合した製剤。 両社は、2002年12月から、「フルカリック」を併売している(製造はテルモ)。「フルカリック(R)」は、糖・アミノ酸・電解質と総合ビタミンの混合・注入操作が不要となることで総合ビタミン剤の配合忘れの防止や、医療従事者の負担軽減になっている。高カロリー輸液の国内市場において、50%を超えるシェアを有しているという。

 大容量タイプの投入により、1日2回の薬液交換が1日1回で完了するため、医療現場での簡便性がさらに向上するとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3