2005.08.02

オンコセラピー・サイエンス、ComGenex社と提携し、低分子化合物のがん分子標的薬開発する合弁会社設立へ

 オンコセラピー・サイエンス(OTS)は8月1日、ハンガリーComGenex社と、OTSが所有するがん特異的たんぱく質を標的とした低分子化合物開発に関する提携について、基本的に合意したと発表した。

 OTSは東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長で教授の中村祐輔氏らと共同で、がんの網羅的な遺伝子発現解析などを行っている。既に複数のがん治療薬の標的たんぱく質の同定に成功しているという。

 ComGenex社はゲノミクス、プロテオミクス解析から非臨床試験(毒性試験)実施までの創薬プロセスをカバーする技術を持ち、特に多目的のスクリーニングに用いることの出来る、構造の多様性に富んだ26万のオリジナル化合物ライブラリーを有している。さらにCMTという独自のメディシナルケミストリーの設計、合成、品質管理に関する技術なども保有しているという。

 両社は、提携によって低分子化合物を利用したがんの分子標的薬開発を目的とした合弁会社を対等出資で設立する。OTSは自社の抗がん剤の標的となる複数のがん特異的たんぱく質及びそれらを標的とする低分子医薬の開発に関する権利を合弁会社に提供する。ComGenex社は所有する技術、ノウハウ、化合物ライブラリーを合弁会社に供与する。合弁会社は近い将来にベンチャーキャピタルなどからの資金調達を行い、がんの分子標的薬の創薬研究を開始する計画だ。また合弁会社で、将来引き続き非臨床試験(毒性試験)や臨床試験の一部まで実施する可能性もあるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31