2005.08.01

藤田保健衛生大学と抗体研究所が患者試料を用いた新規がん抗原探索で提携へ

 医学生物学研究所(MBL)の関連企業の抗体研究所と藤田保健衛生大学は患者由来の試料を用いて新たながんの標的を見つけ出す共同研究・開発契約を近く締結する。MBL社長の西田克彦氏がこのほど明らかにしたものだ。

 抗体研究所は、ファージでヒトの抗体を生産させる技術を保有している。多様性の高いヒト抗体遺伝子ライブラリーを保有しているのが大きな特徴だ。共同研究では、藤田保健衛生大学の臨床の各科で切除したがん組織を、抗体研究所の抗体ライブラリーでスクリーニングすることで実際のヒトのがんで発現している分子、抗体を探索する。新たな治療薬、診断薬として開発する計画だ。

 MBLは自己免疫疾患関連の診断薬に強みを持つ企業。自己免疫関連に続く分野としてがん領域の検査の開発に近年、注力している。6月には尿路上皮がん検査薬を発売しているほか、東京大学医科学研究所教授の中村祐輔氏らの成果を基にしたベンチャー企業であるオンコセラピーサイエンスとがん診断薬の開発で提携している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22