2005.08.01

藤田保健衛生大学と抗体研究所が患者試料を用いた新規がん抗原探索で提携へ

 医学生物学研究所(MBL)の関連企業の抗体研究所と藤田保健衛生大学は患者由来の試料を用いて新たながんの標的を見つけ出す共同研究・開発契約を近く締結する。MBL社長の西田克彦氏がこのほど明らかにしたものだ。

 抗体研究所は、ファージでヒトの抗体を生産させる技術を保有している。多様性の高いヒト抗体遺伝子ライブラリーを保有しているのが大きな特徴だ。共同研究では、藤田保健衛生大学の臨床の各科で切除したがん組織を、抗体研究所の抗体ライブラリーでスクリーニングすることで実際のヒトのがんで発現している分子、抗体を探索する。新たな治療薬、診断薬として開発する計画だ。

 MBLは自己免疫疾患関連の診断薬に強みを持つ企業。自己免疫関連に続く分野としてがん領域の検査の開発に近年、注力している。6月には尿路上皮がん検査薬を発売しているほか、東京大学医科学研究所教授の中村祐輔氏らの成果を基にしたベンチャー企業であるオンコセラピーサイエンスとがん診断薬の開発で提携している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54