2005.08.01

ジェンザイム・ジャパンがポンペ病の治療薬をわが国で来年申請へ

 ジェンザイム・ジャパンは、ポンペ病治療用の遺伝子組み換えヒト酸性αグルコシダーゼ製剤の申請を2006年に予定していることをこのほど明らかにした。

 ポンペ病は、糖原病(グリコーゲン病)2型とも呼ばれる疾患で、全身でα-グルコシダーゼという酵素が欠損する常染色体性劣性遺伝の遺伝子病。ライソゾーム病として最初に発見された。酵素が欠損した結果、グリコーゲンが蓄積して筋力低下などの障害が起きる。患者数は全世界で1万人以下。ジェンザイムの製品は、欠損している酵素を補充することで症状の改善を目指すものだ。実用化されれば、初めてのポンペ病治療薬になる。

 ジェンザイムの親会社である米Genzyme社は、7月29日に、このヒト酸性αグルコシダーゼ製剤「Myozyme」を米国で販売認可申請したことを発表している。販売認可申請のデータには、幼児発病型のポンペ病患者18人を対象に行ったAGLU01602臨床試験の結果が含まれている。この臨床試験では、生後6カ月までにMyozymeの投与が開始され、生後18カ月で通常は患者の2%しか生存していないのに対し、投与を受けた患者は全員が生存しているなど有望結果が得られている。Myozymeの審査は優先審査の対象になる見通しで、6カ月以内に認可の可否が決定される。なお、Genzyme社の発表では日本におけるMyozymeの申請は2005年後半に行うとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:41
  2. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:4
  3. 90歳代女性。食欲低下、息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:56
  5. CKDガイドラインと整合性のあるJSH2019に 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:52
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:104
  7. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:100
  8. 医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは… 開業の落とし穴 FBシェア数:40
  9. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  10. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:43
医師と医学研究者におすすめの英文校正