2005.07.30

途上国でも利用可能な結核菌遺伝子検査法を開発へ 栄研化学がビル・ゲイツ財団提供の基金FINDと提携

 栄研化学は7月29日、非営利目的の国際的基金であるFIND (Foundation for Innovative New Diagnostics)と、結核の迅速・簡易な遺伝子検査法の共同開発に関する契約を締結したと発表した。

 FIND は、栄研化学と神戸市環境保健研究所が共同開発中の遺伝子増幅法LAMP 法による結核菌検出系の研究成果が、途上国での有効な検査手段になり得るとして契約に踏み切ったもの。今後、栄研化学はLAMP 法を活用して、検体採取から結核菌の検出・判定までを最小限の機器を用いて2時間以内に行える試薬・機器の研究開発を行う。FIND は臨床検体を使用した性能評価を行うほか、各国での申請登録の支援を行う。共同開発の成果となる安価な結核菌検出試薬・装置を、途上国の公衆衛生セクターに提供していく計画だ。

 FIND はスイスのジュネーブに本部を持つ基金で、2003年5月の世界保健機関(WHO)の最高議決機関であるWorld Health Assemblyで発足した。この基金はゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation)が提供で設立されたもので、途上国に適した革新的な感染症検査薬の開発を支援し、手頃な価格の製品の普及を推進して、人々の健康を支え、発展させることを目的としている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正