2005.07.29

メディセオが中期経営計画、500人の希望退職などで高コスト是正

 医薬品卸最大手のメディセオホールディングスは、7月29日、向こう3年間の中期連結経営計画の説明会を開催した。今年10月の化粧品・日用雑貨品卸パルタックとの経営統合を踏まえ、2008年3月期に売上高2兆1750億円、営業利益307億円を見込んでいる。
 同社は、計画達成のカギはコスト削減効果と統合によるシナジー効果にあるとして、それぞれ具体的な取り組みを掲げている。

 まず、コスト削減では、2006年度前半に500人の希望退職を募集するほか、クラヤ三星堂からグループ各社への出向者を中心に社員の転籍を進め、営業マンと内勤社員との人数適正化などの再配置も行う方針だ。配送コストなどの削減も含め、2007年3月期に34億円超の、2008年3月期に約88億円の販管費の節約が期待できるという。

 一方、統合によるヘルスケア分野の顧客増加・物流コスト削減によって、2008年3月期には150億円の売上高増加と21億円の営業利益増加が生じるとみている。その後、医療用医薬品卸事業にも経営統合の効果が及ぶとしている。

 メディセオホールディングス社長の熊倉貞武氏は、「社員の転籍や再配置など難題もあるが、業界一の高コスト体質を早期に是正し、他社並みにしたい。統合をきっかけに、OTC薬や日用品でもドラッグストアーのメーン卸になることを目指す」と意気込みを語った。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239