2005.07.27

嗅覚異常に対するステロイド点鼻療法(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「服薬指導 」を紹介します。テーマは「嗅覚異常に対するステロイド点鼻療法」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 耳鼻科診療所に通院中の55歳の男性Eさんが、処方せんを持って薬局を訪れ、次のような質問をしました。

 先月、かぜを引いた後に副鼻腔炎になってしまいました。副鼻腔炎の症状は改善したのですが、その後、においが感じられなくなりました。先生からは、「すぐには治らないので根気よく治療を続けましょう」と言われましたが、どのくらい続ければ嗅覚が戻ってくるのでしょうか。

■処方せん
(1) リンデロン液(5mL) 1本
   1日2回 起床時・就寝前点鼻(1回1〜2滴)

Q 嗅覚障害に対するステロイド点鼻療法の投薬期間は、一般にどの程度と考えられているか。
(1) 1〜2カ月
(2) 3〜4カ月
(3) 5〜6カ月

 答えは本誌2005年7月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0