2005.07.27

本態性振戦に処方された抗てんかん剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「処方せんを読む」を紹介します。テーマは「本態性振戦に処方された抗てんかん剤」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 3年前から喘息で総合病院の呼吸器内科に通院している47歳の女性Tさんが処方せんを持って薬局を訪れました。今回は神経内科からの処方せんだったので病状を確認すると、Tさんは次のような質問をしました。

 少し前から手がふるえて字が書きづらくなったので、神経内科で診てもらったら「ホンタイセイシンセンですね」と言われました。初めて聞く病名ですが、どんな病気なのでしょうか。また、先生は「Tさんには普通の薬は使えないから、代わりの薬を出します」とおっしゃっていましたが、この薬で本当に大丈夫なのでしょうか。

■処方せん
(1) プリミドン錠250mg大日本 1錠
   1日1回 朝食後服用 7日分
*薬歴簿によると、呼吸器内科からはテオドール(一般名:テオフィリン)、メプチン(一般名:塩酸プロカテロール)、ムコソルバン(一般名:塩酸アンブロキソール)が処方されている。

Q1 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
(1) 安静時によくみられる。
(2) 丸薬を丸めるような遅いふるえ方が特徴ある。
(3) しばしば家族歴がみられる。
(4) 飲酒によってふるえが改善することがある。

Q2 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
医師が「普通の薬は使えない」と言ったのはどのような意味だと考えられるか。

 答えは本誌2005年7月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13