2005.07.27

本態性振戦に処方された抗てんかん剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「処方せんを読む」を紹介します。テーマは「本態性振戦に処方された抗てんかん剤」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 3年前から喘息で総合病院の呼吸器内科に通院している47歳の女性Tさんが処方せんを持って薬局を訪れました。今回は神経内科からの処方せんだったので病状を確認すると、Tさんは次のような質問をしました。

 少し前から手がふるえて字が書きづらくなったので、神経内科で診てもらったら「ホンタイセイシンセンですね」と言われました。初めて聞く病名ですが、どんな病気なのでしょうか。また、先生は「Tさんには普通の薬は使えないから、代わりの薬を出します」とおっしゃっていましたが、この薬で本当に大丈夫なのでしょうか。

■処方せん
(1) プリミドン錠250mg大日本 1錠
   1日1回 朝食後服用 7日分
*薬歴簿によると、呼吸器内科からはテオドール(一般名:テオフィリン)、メプチン(一般名:塩酸プロカテロール)、ムコソルバン(一般名:塩酸アンブロキソール)が処方されている。

Q1 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
(1) 安静時によくみられる。
(2) 丸薬を丸めるような遅いふるえ方が特徴ある。
(3) しばしば家族歴がみられる。
(4) 飲酒によってふるえが改善することがある。

Q2 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
医師が「普通の薬は使えない」と言ったのはどのような意味だと考えられるか。

 答えは本誌2005年7月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:244
  2. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:482
  3. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:422
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:558
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:311
  8. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  9. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  10. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:114