2005.07.26

メディネットが細胞加工プロセスの安全性基準案をまとめ

 免疫細胞療法総合支援サービスを行っているベンチャー企業のメディネットは、このほど「細胞加工プロセスにおける適切な安全性基準(案)」をまとめた。

 メディネットはわが国のがん免疫細胞療法総合支援サービスの50%から60%のシェアを確保しているといい、業界をリードしている企業だ。最近、免疫細胞療法総合支援サービス企業の中には、明らかに内容がいい加減な宣伝を行っているところもあり、玉石混交状態だという。メディネットは細胞療法が普及するためには、きちんとした基準が保たれていることが必要だと考えており、安全性基準案を作製、様々なところでアピールすることを目指している。

 基準案は構造設備(ハード)に関するものと品質管理(ソフト)に関するものの2つから構成されている。構造設備についてはエリア設計、空気清浄度などについての基準が定められている。また、品質管理については、一貫した品質マネジメントシステム、無菌性確保のための連続的もしくは定期的環境モニタリング、取り違えを防止するためのラベリング技術および方法などがまとめられている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55