2005.07.26

小野薬品、導出先のGSK社がCCR5阻害型エイズ薬のフェーズ3試験を開始 

 小野薬品工業は7月25日、英GlaxoSmithKline社(GSK社)が、小野薬品が創製したエイズ治療薬で経口CCR5受容体拮抗阻害剤(開発記号GW873140/ONO-4128)のフェーズ3臨床試験を開始したことを発表した。CCR5は、HIVが細胞に感染する際の補助受容体のひとつ。新しいエイズ治療薬の標的として多くの製薬企業が開発に取り組んでいる。

 GSK社は2004年末からエイズ治療薬による治療経験がない、新規のHIV感染患者を対象としたGW873140/ONO-4128の後期フェーズ2試験を開始している。今回開始したフェーズ3試験はエイズ治療薬による治療経験があるが、治療がうまくいかず、新規の治療薬ニーズが高いHIV感染患者を対象に行われるもの。

 W873140/ONO-4128は、小野薬品のゲノム研究から創製された低分子化合物で、2002年12月に、小野薬品がGSK社に全世界における開発・製造・販売の権利を供与している。わが国では具体的な臨床開発の計画はまだ立てられていない。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0