2005.07.26

小野薬品、導出先のGSK社がCCR5阻害型エイズ薬のフェーズ3試験を開始 

 小野薬品工業は7月25日、英GlaxoSmithKline社(GSK社)が、小野薬品が創製したエイズ治療薬で経口CCR5受容体拮抗阻害剤(開発記号GW873140/ONO-4128)のフェーズ3臨床試験を開始したことを発表した。CCR5は、HIVが細胞に感染する際の補助受容体のひとつ。新しいエイズ治療薬の標的として多くの製薬企業が開発に取り組んでいる。

 GSK社は2004年末からエイズ治療薬による治療経験がない、新規のHIV感染患者を対象としたGW873140/ONO-4128の後期フェーズ2試験を開始している。今回開始したフェーズ3試験はエイズ治療薬による治療経験があるが、治療がうまくいかず、新規の治療薬ニーズが高いHIV感染患者を対象に行われるもの。

 W873140/ONO-4128は、小野薬品のゲノム研究から創製された低分子化合物で、2002年12月に、小野薬品がGSK社に全世界における開発・製造・販売の権利を供与している。わが国では具体的な臨床開発の計画はまだ立てられていない。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22